トップへ
ブログロゴ

ナポリの床屋さんで髪を切るとどうなるのか?

髪を焼かれたローマ

言葉のほぼ通じない国で髪の毛を切ってもらうとどうなるのか?皆さん一度は考えたことのあるテーマだと思います(笑)昨年1月のイタリア出張の際,ローマの床屋さんに行くとどうなるのか?を実験してみました

2015-01-17 17.12.56

見事に寿司職人の様な頭にしてくれました(笑)しかもローマのやり方かもしれないのですが最後にロウソクで髪の毛を燃やされたんです。。。

ナポリでも突撃してみました!

そしてナポリでも今回突撃してみました。こんなお店です,どこにでもあるような床屋さんですが直観でここに決めました!

DSC_1070

出てきたのはこのオヤジ,ノリは最高ですが果たして腕の方は大丈夫なのか??

DSC_1071

私からのリクエストはただ一言,正統派ナポリスタイルにしてくれ!それだけです。するとオヤジは任せろ!と一言。そしてこんな髪型はどうだ?と一枚の写真を出しました。それがこちら!!

DSC_1131

この真ん中が正統派ナポリスタイルだと。。。。しかし全く正統派に見えません。。。大丈夫なのか??このオヤジの腕は。。これは勘弁してと言うと,分かったと一言言いシャンプーもせずにいきなりバリカンを入れ始めました。。

DSC_1080

DSC_1107

一言でいうと”雑”です。しかもかなり雑でどんどんバリカンは進んでいきます。もみあげもお構いなし,もみあげが全て刈り取られてしまいました。。

DSC_1114

ふざけるオヤジ,でもやめてね。。ホントに怖いから。。。

DSC_1121

そしてようやくシャンプー,これは意外に気持ちよかったです(^^)

DSC_1171

シャンプーが終わるといきなり電話をしだすオヤジ,どうしたんだろう??仕事中なのに。。。

DSC_1198

今日初めての真剣なまなざしのオヤジ,でも髪型がさっきの写真に近づいている様な気がする。。。大丈夫なのか??

DSC_1187

最終局面に入ってきました。もうすぐ完成です。

DSC_1211

そして完成!意外に普通でした。。。もっととんでもない髪型にされてトホホみたいな写真が撮れたら最高のネタになったのですが。。

DSC_1214

イタリア人女性にもかっこいい!と言われご満悦(^^)

DSC_1215

最後に30ユーロ(4000円くらい)を支払いお店を後にしました。

しかしなかなか面白い体験でしたねーーローマ,ナポリでは髪を切ったので次はフィレンツエの床屋さんに突撃したいと思います!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive