トップへ
ブログロゴ

何を言われても0.2秒でイエス!と言える師匠がいますか??

その人の言う事なら何を言われても0.2秒でYES!!!と答える師匠とかメンターとかそんな存在の人っていますか??

仕事をしていると色々と迷ったりする事もあります。立ち位置が分からなくなったり、目的がぶれてしまったり、自分の事って自分が一番よく分からないから、取り巻く状況が変化する中で、いつの間にか変わってしまう。自分自身はずっと一緒だと思っているけど、周りから見たら変わってしまっている場合が多い。それが良い変化であればいいと思うけど、悪い変化であれば出来れば修正した方がいい、ボクはそう思うんです。

先日、日本生命5万人の営業マンのトップに立つ女性とお話をさせて頂く機会がありました。

t02200092_0740031013044743807

保険営業マンの目標とされているMDRTを23年連続。そしてそのMDRTの数倍の実績を残さないと入れないCOTにも10年以上連続達成。しかも大都市ではなく岩手県の人口数万人の町で営業をしている方です。

そこまでの実績をあげている方なのでもう学ばなくてもいいんじゃないかと思うのですが、今でも学び続けているのは何故か?と聞いてみたんです。

答えは単純でした。

学び続ける事によって自分の立ち位置を確認している。

そんな答えだったんです。

それだけの実績を上げたら周りの方は持ち上げます。色々な人が色々な話も持ってくるでしょう。天狗になる方も多いじゃないでしょうか?

でもその方はどんなに実績あげてもそれはお客様には関係ないから、常に謙虚に自分の立ち位置をぶらさないように学び続ける。そうおっしゃっていました。

この姿勢にはすごく共感出来ました。常に謙虚に立ち位置をぶらさずに、やれる事に全力を注ぐ。そんな姿を人は信頼するし、応援するんじゃないかボクはそんな風に思います。

何を言われても0.2秒で全てイエス!そう答える方がボクには数名います。何か迷ったり、悩んだりしたら相談やセミナーに行く。話せなくてもその方のお話を聞くだけでも安心するんです。その方の言うことがもし間違っていたとしてもそれはその方の責任ではなく、信じたボクの自己責任。

お陰様で今のところは立ち位置をぶらさずに仕事を出来ているんじゃないかと思っています。そう言った存在の方がいる事に感謝です!

たまたまの出会いでしたがトップ営業マンとのお話からそんな事を感じました。

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive