トップへ
ブログロゴ

ボクの履歴書 vol.16(夜中まで残業の毎日)

ここの所毎日書いている末廣徳司の履歴書も16回目。ボクも毎日書くのが楽しくなってきました!今までの履歴書はコチラからご覧下さい!

販売を科学するのがオゾックだ!

上司の冨川さんにそう言われ、DB業務がスタートしました。DBとはディストリビューターの略で商品配分をする仕事。全国に100店舗以上あるお店に売上が最大になるように、如何に商品を振り分けるのか?そんな仕事です。

t02200220_0480048012852386365

商品は毎日入荷するので品番サイズ色別に各店舗への投入枚数を決め指図する。一日中パソコンの画面とにらめっこ。パソコンの画面も細かいので目がかなり疲れます。

標準在庫、自動出荷システムというのも有って、各店舗品番別に10枚とか決めておけば在庫が常に10枚になるように自動的に出荷する。そんな機能もあったのですが、売れ筋商品はそれでは全く追いつきません。投入後1日で5枚売れた商品は、1週間で35枚以上売れるパワーを持っているので、50枚とかを一気に投入したりしないと機会ロスになります。

全体の在庫枚数、売上枚数、各店舗の在庫枚数が画面上に出てくるので、1品番1店舗ずつ指図する気の遠くなる作業を毎日朝から行っていました。

でも、商品の在庫をコントロールするのは非常に重要な仕事で、商品投入にもロジックが必要なので、ロジックとかスキームとかを勉強したかったボクには刺激的な楽しい時間でした!

t02200156_0436030912854375831

とは言え、100店舗以上あるお店に毎日出荷する作業を2人でしていたのでこれは非常に大変です。しかも商品センターに着くはずが中には着かない商品や発注枚数通りではなく不足したりする場合には全てやり直しなので、なかなか効率的には進まないんです。

DB業務の初日もそんな感じでなかなか作業が進まず、夕方の18時を過ぎても殆ど終わっていない状況でした。でも明日には全て商品センターを出荷しないとお店の売り上げに穴をあけてしまうので一大事です。

出荷作業が本当に終わるのか不安になり、先輩のDB Wさんに聞くと信じられない答えが返ってきました。

大丈夫大丈夫!夜中の2時までに作業終われば明日出荷間に合うから!

次回に続く。。。。

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive