トップへ
ブログロゴ

才能が9割

ボクの読む本はマーケティングに関するビジネス書や小説が多いのですが、ビジネス書は月に2冊ほどですが読んで能力開発に役立てています。

ボクの周りには著者の方も多くて、”本を書くこと”の大変さを良く聞いています。自分の全てを出さないとなかなか書けないのが本。その人のノウハウが数時間で学べるので、効率の良い投資と言えるのではないかとボクは思っています。

最近読んだビジネス書の中ですごく参考になったのがこの本。

o0480064013075422727

才能が9割 北端康良 経済界

才能と聞くと、イチロー選手や錦織選手みたいなスポーツ選手の事を思い浮かべている方も多いと思います。

ボク自身も才能と言えばそういった才能の事だと思っていましたが、北端さんのおっしゃる才能はそういう事ではありません。自分が小さい頃からしていた事、気づいたらしている事、無くて悔しかった物、有って嬉しかった事、そんな中に才能が隠れているのですがなかなか気づいている人はいない。北端さんはそう言います。

この本の初めにこんな記述があります。

私は以前才能は一瞬のきらめきだと思っていました。けれど今は10年とか20年とか30年とか、同じ姿勢で同じ情熱を傾け続けられることが才能なんだと思っています。

                           羽生善治

この本の本質はずばりここにあります。自分が自然でやっている事が当たり前に出来すぎていて、自分では才能だとなかなか気づいていないけど実はそこに隠れた才能があるんです。

o0480064013075422708

著者の北端康良さんと。

ボクもこれに気づいてすごく気分が楽になってきました!

そして自分は自分と自分なりの軸を持つ事が出来るようになりました。他人と比較しない自分、自分らしい自分を持つと生きるのがラクになりますよ!

自分の才能は何処にあるんだろう?そんな方に是非読んで欲しい一冊です!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive