トップへ
ブログロゴ

イルサルトの方向性を決定づけた鴫原弘子さんとの出会い

水泳,空手,公文
色々な習い事をした息子

しかし残念ながら
長続きしたものがないのです

空手はなんと!
1日でやめました(笑)

そんな中唯一続いているのが
”サッカーと英会話”

特にサッカーは大好きで
平日朝練から土日練習まで
一生懸命頑張っています

DSC_2423
色々な習い事を
やめる時には正直迷いました

 途中でやめることは
 出来るだけさせたくない

 でもイヤイヤ続けさせる
 のもちょっとなあ。。

そんな気持ち

でも好きな事を
思い切りした方がいい

好きではないことが
分かって良かったんだ!と
思おうと考え方を変えました

夢中になれることが
ようやく見つかって
息子もすごく楽しそうです(^^♪

◆名門センアーノ神戸

神戸には
”センアーノ神戸”と言う
サッカークラブがあります

香川真司選手を輩出し
日本一になった事もある強豪


ダウンロードセンアーノ神戸は
チームに所属する為に
わざわざ転校してくる

 ”Jリーガーを目指す
  本気の集まり"

対して息子が所属するのは
和気あいあいとした雰囲気の
小学校のクラブチーム

"サッカーだけではなく
 挨拶や礼儀を大事にする"

そのコンセプトに共感し
息子を入れることを決めました

DSC_4372
◆センアーノとの対戦!

ついに強豪センアーノ神戸と
対戦をする事が決定!

超有名チームとの対戦に
子供たちは大興奮!

試合前ミーティングでは

『全員本気で
 勝とうとしている』

のがヒシヒシと伝わってきました!

強豪だからなあ~
勝てるわけないよ・・・

なんて誰も言っていない

 勝とうとしているし
 勝てると信じ込んでいる

感動しました
この挑む姿勢!

そしてついにキックオフ!

DSC_4375
結果は・・・
残念ながら0対6で敗退・・・

 全てのレベルが段違い
 パスは早い
 一瞬の隙を突いてくる

さすがセンアーノ強し・・・

と思っていたらその相手は

『9軍の選手たち』

9軍ってなに・・・
1軍の強さっていったい・・・

でも他の対戦結果を見ると

22対0
13対0

どうも6対0は
かなりの善戦だった様です
(相手は9軍ですが)

◆子供たちの変化

この試合を見て感じたこと
それは

”子供たちの動きが
 いつもと全然違う!"

速いパスについていこうと 
自然と体が速く動く

一瞬の隙は狙われるので
ポジショニングに注意する

格上の相手と対戦することが
”瞬間的なレベル向上”
をもたらしているのです

DSC_4373
劇的な変化を見ながら
”仕事も全く同じだな”
そんな事を感じました

それは

 『レベルの高い人と
  一緒にいることで
  自分が成長できること』

同じようなレベル感だと
居心地が良く楽です
お酒のんで愚痴言うのも
正直楽しいですから(笑)

はるか上のレベルの人と
一緒にいるのはしんどいし
居心地の悪さを感じます 

でも”自己成長”を考えると
はるか上の人といた方がいい

『周りにいる人』
『身を置く環境』

この二つが
成長度合いを決定づけるのです

◆ファッションプロデューサー鴫原弘子さん

ファッションビジネスにおける
師匠が鴫原弘子さん

ベストドレッサー賞選考員や
エリエスの講座で講師をされ

 片付けの魔法のこんまりさん
 ノマドの安藤美冬さん

の才能を開花させた
ブランド構築の
プロフェッショナルです

写真 2015-12-20 21 18 16
鴫原さんにお会いしたのは
今から7年前の2011年
ほめる達人こと西村貴好さんが
ご縁を繋いでくださりました

ある意味同業者の私
でも西村さんの紹介と言う事で
鴫原さんは私の目の前で

『全てのノウハウ』

を惜しみなく出して下さいました

◆一流同士とは?

そして鴫原さんは最後に
こう仰ったのです

”ノウハウは私の生命線です
 普通は絶対に出さない

 でも西村さんがあえて
 同業者を紹介するのには
 意味があると思ったから”


一流の西村貴好さん
一流の鴫原弘子さん

一流同士なので
多くを語らなくても
伝わっていた意図です

12248398_833285273457019_822950479_o
そこから始まった
鴫原さんとのご縁ですが
最初の頃は居心地の悪さしか
感じませんでした


 鴫原さんの仰っている事が
 知識不足で理解できない

 一緒にいると緊張する

 勉強不足で伝えたい事を
 言葉にできない


そんな感じでした

なにげなく聞かれたことが
すべて尋問に感じるのです(笑)

◆守破離を超える

 鴫原さんの手法は
 まさに自分がやりたかった事

 鴫原さんプロデュースで
 次々に世に出ていく方々
 
このチャンスを逃したら
一生後悔する

そう思って様々な事を勉強し
無理言って何回も会って頂き
仰る意味が少しづつですが
理解できはじめました

そして出会いから7年経ち
イルサルトの基礎は
鴫原さんから教わった事で
出来上がりました

10633389_722637057815422_8148871676293234318_o

師弟関係の在り方の一つで
守破離というものがあります。

 型を守る”守”
 改良する”破”
 オリジナルになる”離”

ですが私は最後”離”ではなく
師匠とお互いにエンパワーメントし
更に価値を高めていく関係性に
なれれば理想的だと思うのです

そういう意味で言えば
今度は鴫原さんに届ける番
価値あるものを届けるために
進化を続けたいと思います



と思っていた時に

毎日新聞の論点で
「学校制服を考える」と題し
鴫原さんが書かれていた記事が
こちらです

32153032_1608333749276942_6687529839563374592_n
さすが鴫原さん・・・・
今の私のレベルでは
全く書くことの出来ない文章。。

師匠に私が届ける番!
こんな生意気な発言すみません

撤回させて頂き修行続けます!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive