トップへ
ブログロゴ

頑張っている!そう思われているうちは経営者としてまだまだ




お盆休みも終わり
イルサルトも昨日から
通常業務に戻りました


お盆休み中は
妻の実家のある
新潟県上越市に
帰省していました


写真 2018-08-14 18 20 23

妻の父は
布団屋さんを経営していて
今年74歳になります


 10年以上前に
 上越に戻った義兄が
 お店を継ぎ数年前に
 社長就任したのですが

 今でも『ほぼ毎日』
 お店に立っています




◆義父の一言




私たちが結婚したのが
今から11年前の2007年



 結婚することを妻が
 義父に言ったときに
 最初の一言が



 末廣さんは働き者か?



 でした


250530_jouetukonta-1


新潟県で育ち
大学に行くため上京
地元に帰ってくると
思っていたら



 まさかの神戸に嫁入り



 縁もゆかりもない場所に
 娘を嫁がせる不安の中

 娘に苦労かける男でないか
 確認したくて思わず出た
 質問なのだと思います




◆働き者の義父




74歳になった今でも
仕事への情熱を燃やし続ける
義父は『働き者』



 義理の祖父が興した
 地方百貨店を
 50年以上守り続け

 今なお『企業』として
 成立させ続けているのです


joetsu-konta_main


企業を繁栄させる上では
この『働き者であること』は
非常に大切な条件です



 "働き者であること”

 "実践し続けること"


 この2つはイコールである



私はそう考えています





◆数をこなす





 実践数が多い人は
 失敗数も多い

 だから出来るだけ
 失敗しないように
 精度をあげよう!


そんな風に考える方も
結構多いのですが



 まずは『数をこなす』

 下手でもなんでもいいから
 練習することが大切
 精度を上げるのはその次



私はそう考えています




最初から


 精度の高い
 ブログを書く

 
 精度の高い
 セミナーをする


これらは不可能です





◆成果に繋がる練習量





 練習して練習して
 ちょっとだけ上手くなり


 また練習して練習して
 またちょっと上手くなる


 その繰り返し




イルサルトにお越しの
稼ぐ経営者を見ていると
この『力の入れ方』を
身体で分かっている方が多い



 いつ?
 どの程度?
 どういった?


 練習すれば
 成果につながるのかを
 体感的に分かっている



『すべきこと』を
日々着々と進めている

だから
『頑張っている感』
が全くないのです




◆頑張っている感がない




義父を見ていても
『頑張っている感』
は全然感じません



 雨が降っても
 体調が悪くても
 どんなに忙しくても
 売上が悪くても



 やると決めたことを
 着々と黙々とやるだけ


6235726

義父自身も
『頑張っている』感覚はなく

また周りも
『今日もまた同じ』と感じ
頑張っている!とは思わない




◆頑張るのが当たり前になる




そういう意味でいうと

頑張っているな!
と思われているうちは
まだまだなのかもしれません



 どんな状況下にあっても
 自分に出来ることを
 愚直にやり続ける

 そして頑張ることが
 自分にも周囲にも
 『当たり前』になった時
 成果が出るのではないか?



休み期間中も
変わらぬ義父を見ながら
そんな事を感じました

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive