トップへ
ブログロゴ

魅力が2倍にもなるし、半減する場合もあるジャケットスタイル

上下揃いのスタイルはスーツスタイルと呼びますが、ジャケットとパンツがバラバラのスタイルをジャケパンスタイル(ジャケットパンツスタイルの略)とかジャケスラスタイル(ジャケットスラックススタイルの略)と呼びます。

このジャケパン(若しくはジャケスラ)スタイルはスーツスタイルに比べるとカジュアルな印象を与えてしまうものですので、ビジネス上で着る際には注意が必要です。自分の在りたい姿が明確にあるのなら問題はないのですが、まだそこまで明確ではない場合避けた方が良いかと思います。

休日スタイルでジャケットパンツを取り入れてみよう!

ビジネス上で取り入れるのはちょっと難しい、上下ならスタイリング考えなくてすむけど上下バラバラになったらどう合わせて良いのか分からない・・・そんな方もイルサルトのお客様に多くいらっしゃいます。

そんな時にオススメしているのは、休日にジャケットパンツを取り入れる事。デートや食事に行く時なんかに着ていくのがオススメ。ジャケットパンツスタイルに慣れてくるとファッションが楽しくなるばかりではなく、ドカジュアルで格好で行くよりも店員さんの対応がまるで違う、ボク自身もそんな経験をした事があります。

写真 2014-10-31 15 15 18ジャケパンスタイルに挑戦する時に入門編としてすごくベンリなのが紺ジャケット+グレーパンツの組み合わせ。これは鉄板スタイリングです。

もう一つのコツはスーツの時よりも若干小さいサイズを着る事(スーツの上だけを着ている様に見えるのはかなり野暮ったくなるので・・・)と表情のある素材を選ぶこと。この2つを意識するだけで単品ジャケットとしての完成度が一気に上がります。

写真 2014-11-07 10 36 13慣れてきたら無地のパンツをカラーパンツに変えてみるのもオススメです。写真の様な真っ赤なパンツはなかなか難しい方が多いと思いますが、白とか明るい紺とかグレーとか、そんな色からだと取り入れやすいはず。

ジャケット同様スーツの下だけを履いている様に見えるのはかなり野暮ったいので、ジャケット同様少し工夫が必要です。パンツの幅を少し細く、そして丈も1㎝だけ短くするとカンペキです!

写真 2014-10-27 15 19 20これはジャケット着ていませんが、こんな感じでカーディガンとパンツを合わせて上に紺のジャケットを着るといいですよ!

もう一度言いますが、ビジネス上では着ない方がいい方も意外に多いので自信のない方は仕事では着ないでくださいね!まずは普段着から慣れていきましょう!!

 

 

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive