トップへ
ブログロゴ

スーツの長持ちのコツは『休ませかた』にあった!



vol.4716


こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



装いを通し
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います




◆殆どの人は知らないお手入れ方法




経営者の集まりで先日
『経営者の装い』の
講演をさせて頂きました


大きなテーマは

会社の顔に
相応しい装いをどう作るか?

なのですが
もう1つテーマがあるのです


それは

『スーツのお手入れ方法』


各地で開催する
着こなし術セミナーは
この『お手入れ方法』は
お話をさせて頂いています


写真 2018-07-10 19 14 14

 殆どの方が
 『正しいお手入れ方法』
 を知らない


これが私の実感です




いくら良いスーツを買っても
お手入れ方法を知らないと

シワ,破れ,ホツレ,汚れ

の四大疾病を発症します




◆分かれ目は1年後




お客様を見ていると
その分かれ目は『1年後』
にやってきます

仕立てたばかりのスーツは
当たり前ですが非常に美しい



しかし『1年後』


 綺麗なスーツ
 綺麗ではないスーツ


の差が歴然とするのです




◆綺麗でなくなる理由




その違いの最も大きな原因は


着る頻度



 1日着たら3,4日休ませる

 このサイクルを守っている方は
 スーツが非常に美しい

 ついてしまったシワも
 3.4日で綺麗にとれます


 
しかし
シワが取れる前に又着ると
段々シワがとれなくなります


鈴木章弘さん4いつお会いしても
美しいスーツをお召しの
鈴木章弘さん




◆服の休ませ方




そしてもう1つは
服の『休ませ方』



 当たり前ですが
 着る状態を想定され
 作られるのが服

 しかし
 着ている時間よりも
 クローゼットで休む時間が
 圧倒的に長いのです

 この『休む時間』を
 どう過ごすのか?が
 服の状態を決めるのです




◆投資すべきもの




休む時間を考える上で
投資すべきは『ハンガー』


服がリラックスして
『着ている状態』に近づく
のが理想的な状態です


写真3


私のオススメハンガーは
イタリアのマイネッティ

サロンでも自宅でも
マイネッティを使っています



◆マイネッティとは




このハンガーは
世界中の有名なテーラーや
ブランドで使ってる事も多く
非常に立体的な形です



 後を独特のカーブにする事で
 肩部分の型くずれを防ぎます

 ベルベットが吹き付けられ
 パンツも吊すことが出来る
 非常に優れたハンガーです


Y_KA0565

この絶妙な厚みが◎

これ以上厚くなると
クローゼットに入る量が減り

これ以上薄くなると
型崩れを防ぐ事が出来ません




◆ハンガーに投資しましょう!


 

ハンガーの在庫があれば
販売していたのですが
ブログを見たお客様から
依頼が増えてきました

実は
このハンガーのロットが
50本~なのです


そこで・・


 ハンガーを
 欲しい方を募集し
 50本以上数がまとまったら
 オーダーを掛けます!


前にこの告知をした時は
100本以上ご注文頂きました


Y_KA0589


ハンガーの価格ですが
1本1.500円(税抜き)+送料
になります




◆ご注文方法




ご注文方法ですが


 必要本数
 お名前
 お電話番号
 お送り先ご住所


をお書きの上
info@ilsarto.netまで
メールを下さい!


ただご希望者が少ない場合には
オーダーがまとまるまで
少し御時間を頂くかもしれません


その場合には
個別に連絡させて頂きます

ご注文お待ちしております!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive