トップへ
ブログロゴ

経営者は『自分の言葉』に責任を持とう!







vol.4814




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います







◆三寒四温の時期







春の訪れを少し感じる気候
ここ最近は寒さが
少し和らいでいますね~

とは言え
3連休はまた寒いようなので
十分に気を付けましょう


三寒四温を繰り返しながら
少しづつ春に近づいていきます


201802260175_sns_img_A





この三寒四温と言うのは



 寒い日が3日ほど続くと
 その後に
 4日ほど温暖な日が続き
 また寒くなるという様な
 7日周期での寒暖の繰返し



をあらわす季語

響きがすごく美しいので
私はすごく好きな言葉です







◆言葉を大切に







纏う服で印象が変わるように
話す言葉でも
印象は大きく変わります



特に
人前で話す事の多い経営者は
どのような言葉を使うのか?
に気を配る必要があります




f34a2bffa41012d88ee7d574969eac2d



言葉と言うのは
思考や癖がそのまま出るもの

全く思っていないことは
なかなか言葉になりません




たまに失言する政治家さんは
失言ではなく
本当にそう思っているのです







◆良い言葉を使おう!







経営者が使う言葉により
社員が奮い立つこともあれば
逆の事も起こりえます



51OXC9x-l9L._SX338_BO1,204,203,200_




 やる気を無くす言葉より
 やる気の出る言葉

 暗い言葉より
 明るい言葉

 汚い言葉よりも
 美しい言葉





自分の言葉に責任を持ち
『良い言葉』を使う事で
組織がより活性化するのです







◆私が意識的に使う言葉







私が意識的に
使っている言葉があります


それは



 お待ち下さり
 有難うございます!



通常だと


 お待たせして
 申し訳ございません


と使ってしまいがちですが
私はこの言い方は決して
使わないようにしています







◆2つの言葉の違い







お待ち下さり
有難うございます!

と言う言い方は

待っていただいたこと
に対す相手への感謝が
強調されます



お待たせして
申し訳ございません

と言う言い方は

悪いと思っている
自分の気持ちが
強調されるのです







◆どこに向けた言葉なのか?







相手への感謝
自分の気持ち

どちらを優先すべきか?


これは意見が分かれますが
感謝の気持ちを優先させた方
が相手には喜ばれます



034


自分に向けた言葉なのか?
相手に向けた言葉なのか?



を常に意識することで
より自分の気持ちが
伝わりやすくなるのです

言葉使いを少し変える事で
伝わり方が全く変わります!


経営者の皆様は
『使う言葉』に
注意を払いましょう!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive