トップへ
ブログロゴ

経営者の最大の敵とは?





vol.4840




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います







◆梨花さんのお店閉店







梨花さんが手がけるブランド
「MAISON DE REEFUR」を
年内で全店舗閉店


そんなニュースがのっていました




無題
出展元 ヤフーニュース





 12年4月に代官山で
 第1号店となる路面店を開店

 オープン初日は
 なんと2000人が列をなし
 年間35万人が来店

 1ヶ月に1億円の売上を
 誇っていた人気ブランド




一体何があったのでしょうか?







◆10年の壁







アパレル関係者の話だと





 アパレル業界ではよく
 “10年間の壁”を越えること
 難しいと言われます

 10年も経つとオープン当初の
 お客さんも年齢が上がり
 ターゲットと合わなくなる為
 離れていきます

 一方ブランドは新たな層を
 開拓しなくてはなりませんが
 顧客シフトできないケースが
 とても多いです





とあります


裏用(19)


イルサルトは先日で10周年を
無事に迎える事が出来ました

私が10年やってきて感じる
最大の課題は『自分自身』です








◆ダッシュ出来る起業時








最初の1.2年は
勢いで走る事が出来ます




 その仕事が好きだから
 服が好きだから
 事業が好きだから




どんな理由でも構いません
起業した勢いそのままに
突っ走れるのが最初です




 しかし3.4年経つと
 様子が変わってきます

 仕事への新鮮感が薄まり
 ある程度仕事を
 回せるようになると
 飽きが出始めるのです







◆経営者の最大の敵







経営者にとって
最大の敵は『飽きること』

飽きてしまうと
何か新しい事をする気力も
なかなか出てこなくなります





無題
出展元 日刊スポーツ






梨花さんも
ある程度まで事業を成長させ
やりたい事もかなり出来て
目標を失い飽きてしまった



そんな感じなのではないかと
私は思うのです


経営者が事業に飽きた時が
事業継続の最大のピンチです








◆飽きないためには?







 飽きない為に大切な事は
 ビジョン,ミッションを
 明確にもつこと

 そしてその
 ビジョンやミッションを
 常に意識することです



何の為に仕事するのか?



と言う強い使命感が
尽きる事のないエネルギーを
生み出してくれるのです

経営者の皆さん
しっかりと自分の軸を意識し
情熱的に仕事をしましょう!



この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive