トップへ
ブログロゴ

私が憧れる祖父の生き方








vol.4862




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です




経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い




今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います







◆新元号発表!







今週で3月も終わり
週明けに新元号も発表の様で
新しい時代が始まりますね




 平成に改元した際は
 有識者や閣僚らに対し
 平成,修文,正化の3案が
 示されたようです

 そして今回は
 新元号案が5つ
 示されるようです



“Vc•Ã‰º•öŒäB‰ïŒ©‚ŐV‚µ‚¢Œ³†‚́u•½¬v‚Æ”­•‚·‚鏬ŸºŒbŽOŠ¯–[’·Š¯B­•{‚Í‚V“úA“Vc•Ã‰º‚ª•öŒä‚³‚êAV“Vc‚ª‘¦ˆÊ‚³‚ꂽ‚Ì‚É”º‚¢Auº˜av‚É‘ã‚í‚éVŒ³†‚ðu•½¬v‚ÆŒˆ’肵‚½B‚W“ú‚©‚çŽ{s‚³‚ê‚éB¡‰ñ‚Í—ðŽjã‰‚߂āA­•{‚ª–@—¥iŒ³†–@j‚ÉŠî‚«A­—ß‚ÅŒˆ‚ß‚½Bu‘剻vi¼—ï‚U‚S‚T”NjˆÈ—ˆA‚Q‚S‚V”Ô–Ú‚ÌŒ³†‚Æ‚È‚éBŽñ‘ŠŠ¯“@‚ŁB‚P‚X‚W‚X”N‚PŒŽ‚V“úŽB‰e

果たして
どんな名前になるのか?
すごく楽しみです!







◆想いの込められた名前







名前ってすごく大切です
命名した人の色々な想いが
込められているからです



私の名前『末廣徳司』は
父方の祖父がつけてくれた
名前です

祖父の名前が徳治郎で
自分の名前の一部を
私につけてくれました



0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e



 祖父は平成元年に
 91歳で亡くなりました

 その時の葬儀が凄かったのを
 今でも忘れる事が出来ません

 弔問に来る方があとを絶たず
 これ以上念仏を唱えられない
 とお坊さんが音を上げて
 しまいました





それくらい多くの方が
祖父との最後のお別れに
足を運んで下さいました








◆商才のあった祖父








祖父は紳士服小売店を
経営していました
所謂スーツ屋さんです

お店を立ち上げる前は
銀行に勤めていました




 明らかに仕事能力が劣るのに
 学歴があると言うだけで
 どんどん抜かされる

 勤め人としての限界を感じ
 事業を立ち上げたのです




phil




オーダーで誂えるのが
当たり前だった時代に


今後は既製服の時代が来る


と先読みし
当時まだ殆どなかった
既製品スーツの販売を
スタートさせました







◆祖父の生き方







高度経済成長の時代に乗り
お店は大繁盛
一代で財を築きました

でも私が憧れるのは
祖父のその生き方です





 やると決めた事は
 何があっても絶対やり切る

 人の面倒はとことん見て
 自分の能力を積極的に
 他人を助ける事に使う

 そして亡くなるまで
 スリムで常にお洒落でした





祖父の家に遊びに行くと
きちんと靴が揃えられていて
部屋も綺麗で片付いている



6



祖父の様に生きたいと
幼少の頃から
漠然と思っていました

私が仕立て屋をしているのは
偶然ではなく何かの運命では?
そんな風に思います







◆人から必要とされる人生







90歳まで現役で仕事をする

私はそう決めているのですが
それも祖父の影響を
つよく受けています



祖父は90歳まで
仕事はしませんでしたが
色々な役は引き受け
人から必要とされていました

私自身は仕事を通して
人のお役立ちをし続けたいと
考えています



写真 2019-03-05 7 50 33



健康維持し祖父のように
人から必要とされる人生を
歩んでいきたいと思います




この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive