トップへ
ブログロゴ

影響力の強い経営者は『時代,事業内容,装い』を合致させている










vol.4868




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います







◆令和の時代







新元号が『令和』と決定し
時代が変わり始めました

平成生まれに続き
今後は令和生まれの子供が
どんどん誕生していきます




ky5622_gougai-01



 令和には
 人々が美しく心を寄合う中で
 文化が生まれ育つという
 意味が込められている





込められた意味の通り
素晴らしい時代になるよう
私も努力をしていきたいと
思います


改元は5月1日
月が変わるのではなく
令和元年に変わります



“Vc•Ã‰º•öŒäB‰ïŒ©‚ŐV‚µ‚¢Œ³†‚́u•½¬v‚Æ”­•‚·‚鏬ŸºŒbŽOŠ¯–[’·Š¯B­•{‚Í‚V“úA“Vc•Ã‰º‚ª•öŒä‚³‚êAV“Vc‚ª‘¦ˆÊ‚³‚ꂽ‚Ì‚É”º‚¢Auº˜av‚É‘ã‚í‚éVŒ³†‚ðu•½¬v‚ÆŒˆ’肵‚½B‚W“ú‚©‚çŽ{s‚³‚ê‚éB¡‰ñ‚Í—ðŽjã‰‚߂āA­•{‚ª–@—¥iŒ³†–@j‚ÉŠî‚«A­—ß‚ÅŒˆ‚ß‚½Bu‘剻vi¼—ï‚U‚S‚T”NjˆÈ—ˆA‚Q‚S‚V”Ô–Ú‚ÌŒ³†‚Æ‚È‚éBŽñ‘ŠŠ¯“@‚ŁB‚P‚X‚W‚X”N‚PŒŽ‚V“úŽB‰e


1つの時代が終わり
1つの時代が始まります




新たな時代の到来に合わせ
自分をアップデートする事は
非常に大切なことです







◆アップデートする







実は私自身この数年で
スーツのサイズ感を
時代と役割に合わせ
アップデートさせています





 大きく変化させたのは
 『着丈とスラックス丈』


 着丈は
 以前に比べ3センチ長く



20180704ILSARTO-133





 スラックス丈は
 以前に比べ2センチ長く



20180704ILSARTO-153




それぞれを変化させています







◆時代と役割を意識する








この2か所を変えた理由は
時代,役割が変わったからです







 時代とは
 ファッションの流れ

 ラテン血中濃度の高い
 レオンの様なファッションが
 正統で伝統的な流れに
 戻りはじめています



写真8




 役割とは
 イルサルトの役割

 トレンドを提案する事から
 経営者の品格やブランドを
 創るお手伝いに変わりました



無題






着丈とスラックス丈を
今までよりも長くする事で
トレンドでなくエレガントさ
が強調されるようになります



時代や役割が変われば
その役割に相応しい装いに
アップデートをすることが
必要になってくるのです







◆役割に相応しい装いか?








時代の変化とともに
ビジネスモデルを
進化させる事は重要です

その変化が以前に比べ
非常に早くなっています




役割の変化とともに
自身の装いも変化させる



この事を意識する事で
よりその役割になり切れ
そのメッセージを効果的に
発信する事が出来ます




sigeyosi



事業コンセプトや
ビジネスモデルを見直す際に
経営者の装いも
同じように確認しましょう



そうする事で
よりメッセージ性が強くなり
影響力が強くなるのです

事業内容と自分の装いが
合致しているのか?
分からない方はいつでも
ご相談くださいね!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive