トップへ
ブログロゴ

変わっていますね。。。は経営者に対する最大級の賛辞




vol.4876




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います







◆ピカピカの1年生!







娘がついに小学校入学!




一昨日無事に入学式を
迎えることが出来ました!

こうして子どもが
成長する姿を見るのは
親としてすごく幸せですね(^^♪




56823426_2186856314726815_8268061956062052352_o




 同じ日に入学した
 ピカピカの1年生は
 総勢6クラス約180人

 子どもの成長を 
 喜んでいる180の家族

 育て方も価値観もバラバラ
 180通りの家庭がある






娘の晴れ姿を
見ながらそんなことを
考えていました







◆リトルマーメイド







先週末は家族で
劇団四季リトルマーメイド
を見にいってきました

ミュージカルはやはり
ライブ感が全く違いますね

五感を刺激され続けた
あっという間の4時間でした!


56635165_2184358211643292_1963246060855885824_n



このミュージカルの中で
描かれていたのが


異質を受容れること

価値観の違いを受容れ
子どもの自立を応援する姿が
テーマになっていました







◆価値観の多様性






以前であれば
価値観はある程度
共通したものがありました

しかし今は違います





 様々な価値観や考え方があり
 1つの定規で測るのが難しい

 働く外国人を見るのも
 珍しい事ではなくなり

 SNSの発達で
 色々な価値観があるのを
 目にする機会も増えています





常識は人の数だけ存在し
違った常識を受け容れざるを
得なくなってきているのです







◆違いは価値である







以前の私は
『違いは間違い』
だと考えていました



自分の考えこそが正しく
それ以外は間違い


そう思い込んでいました



20190224ilsarto-5

↑↑↑
違いは価値
そう気づかせてくれたスタッフ





しかし経営者として
様々な経験をする中で
大きな変化がありました



違いは価値である


そう思えるように
なったのです







◆違いを受容れるために







違いは間違いと考えると
何の進化も起こりません

しかし



そんな考え方もあったか!



と違いを価値だと考えると
様々な可能性の扉が開きます




151
 ↑↑↑
『違いは価値』と教えてくれた
 尾崎里美先生





 違いを価値と捉えるために
 最も大切なことは

 自分は普通ではない

 と考えることです






自分が一般的だと考えると
自分以外は普通ではなくなり
受け容れる事が出来ません


自分が普通でないと考えると
自分の周りは普通なので
受け容れられる様になります







◆経営者は変人







創業して10年
13000名以上の経営者を
見てきてわかること




それは

『経営者は変わっている』

と言うこと(笑)


17203121_776579719164746_718079562813412003_n





でも普通ではないから
価値があるのであり

変わっているからこそ
アイデアを思いついたり
普通と違う事が出来るのです







◆変人だと意識する







しかし自分の事を
変わっていると意識している
経営者はほぼいません



自分は普通だと
全員が思っています(笑)



違いを受け容れられない
原因がここにあるのです



53030537_1256762531146460_3728218525609754624_o


私も自分が普通だと
ずっと思っていました

でもとある方に



ブログを8年も毎日書くのは
変人でしかない


と言われ
自分が変わっている事に
ようやく気付きました(笑)






 多様性を受容れる第一歩は
 自分が『変わっている』
 と認識をすることです

 変わっていると言われるのは
 経営者にとって
 最大のほめ言葉なのです!






自信を持って
『自分は変わっている』
ことを受容れましょう!!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive