トップへ
ブログロゴ

ボクの履歴書 vol.3 (姉のコーディネート表に救われる)

本日は、末廣徳司の履歴書VOL.3です。小さい頃から洋服屋になるんだろうなーと思って育った事。そして初めてのデートで服のセンスを全否定をされ、それがトラウマになってしまった事までは書きました。

今までの履歴書はコチラからご覧下さい!

そんなコトバを浴びせかけられたボクは意気消沈・・・。その後のデートが楽しいわけもなく結局その子とはそれっきり・・・。でもそれ以上にショックだったのは、自分で選んだ服を一言で全否定されてしまった事。今から考えたら確かにイケてなかったのですが、経験値の浅いボクに立ち上がれなくなる位のショックを与えるにはそのコトバは十分すぎるほどでした・・・。

t02200165_0800060012841881973

その頃の写真。右側がボクです。

あまりにダサイ弟の姿を不憫に思ったのか、このままにしておいたらコイツはヤバイ!と思ったのか分かりませんが、救いの手を差し伸べてくれたのが姉でした。姉はその時花の女子大生。アメリカ村にあったマーガレットハウエルでバイトしていて洋服の知識も豊富でセンスもバツグン!小さい頃から絵を描くのが好きで美術の成績はすごく良かった姉でした。

そんな姉がボクに一週間分のコーディネート表を作ってくれたんです。

月~金曜日まで、上から下まで靴下からバッグまでを細かく指示した内容でした。うちは洋服屋だったので、洋服を買う事に関してはさほどうるさくなく、母も息子をこのままにしておいたらやばいと思ったのか(笑)姉のコーディネートに合わせた服を色々買ってくれました。今になって思えばこのコーディネート表を残しておけばと思いますが、このコーディネート表がボクの人生を変えた!そう言っても過言では無いくらいのディープインパクトでした。

洋服の事については全く自信の無かったボクは半信半疑でしたが姉の言われる事に100%従いました。すると・・・・色々な事が起き始めたんです!オシャレだね!なんて今まで言われた事がなかった様なコトバを言われるようになったんです。え・・ボクってオシャレ??数ヶ月前には ”よくそんな格好でここまで来たね” と言われたボクが・・・・。オシャレだね!なんて言われると自信が出てきます。

t02200165_0800060012841894652

今まで入れなかった様なオシャレな洋服屋に平気で入れるようになったり、女子校の女の子をナンパ出来るようになったり。自分の中で色々なコトが変化してきました。着る洋服でこんなに気分って変わるものなのか!そう感じたのを良く覚えています。服ダサ男からオシャレ番長への階段を一気に上がっていきました。でも、それも長続きせず大学生になった瞬間に暗雲が立ち籠め始めました。たまたま東京の大学に行ったので、姉の支配下から離れたのが原因。姉が近くにいた時は全て聞いていたので良かったのですが、聞く人がいなくなった瞬間、又服ダサ男に戻り始めました・・・・。

続く・・・・・。

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive