トップへ
ブログロゴ

経営者はここぞと言う場面でジャケパンは着ない方がいい

クールビズとかジャケパンスタイルとか以前に比べ、ドレスコードが緩くなってきている業界も増えてきました。※ジャケパンとはこの様なジャケットパンツの略で、スーツの様に上下揃いではなく、上着とパンツが別々の物の事を指します。ジャケットスラックスを略してジャケスラと呼ぶ人も中にはいます。

t02200293_0480064012796969326

でもこのジャケパンはスーツに比べるとやはりカジュアルな印象が強いのは否めません。

会社の中にはジャケパンOKの会社もあるようですが、まだまだ少数派で多くの会社では禁止されています。また、年配の方の中にはジャケパンはスーツに非ず!と思っている方も多く、礼儀を知らない無礼者!みたいに見られることも少なくないんです。ボク自身はこのジャケパンがすごく好きなので、結構色々な種類を持っているのですが、着こなしセミナーをする時や大切な商談の時はジャケパンではなくスーツを着るようにしています。

そんなのどう思われてもいい!そんな風におっしゃる方も中にはいますが、ビジネススタイリングで忘れてはいけないのは判断をするのは自分ではなく他人だと言う事。

t02200293_0480064012794136135

少し前のお話になりますが、プロ野球球団の買収を、楽天 三木谷さんとライブドア 堀江さんで争った時、三木谷さんは常にスーツ、堀江さんはTシャツ。経営状況など色々な比較があったにせよ、軍配は三木谷さんに上がりました。でもこの2人の印象が大きく影響したとボクは思っています。最終判断をするのは、プロ野球界のお偉いさん方。若者には圧倒的に堀江さんが人気でしたが、残念ながら決めるのはそういった若い人ではなかった。

着ている色、柄、アイテムは知らないうちに色々なメッセージを与え、心理的にも大きな影響を及ぼしているものなんです。経営者はここぞという場面では、ジャケパンは避けた方が良い。ボクはそう考えています。

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive