トップへ
ブログロゴ

令和始まりの日に思うこと

vol.4896




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



装いを通し
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います








◆令和最初の日








今日は令和最初の日


平成31年の歴史に幕を下ろし
今日からは新しい時代の
始まりです!



reiwa

↑↑↑
出展元 共同通信






昭和天皇の崩御で
平成時代が始まったのが
1989年1月8日

私が高校1年生の時でした







 昭和に生まれ

 平成で生き方を見つけ

 人の為に生きる令和







私の人生は
そんな感じなのではと
思うのです









◆仕事をする意味








何の為に仕事をするのか?

とよく考えます




 生活のため
 自己実現のため




人によって様々ですが
私も少しずつ変化しています



world
↑↑↑
ワールドに入社したころ







就職したころは
何の為に仕事をするのか?
なんて考えた事もなく

仕事するのが当たり前としか
思いませんでした

会社員をしているころは
ずっとそんな感じでした








◆仕事=お金儲け








父の会社に入ってから
少し変化が現れました

それまではワールドと言う
大看板に守られていたのに
一気に看板が小さくなる




 急に不安だけが
 大きくなりました




売上がどんどん下がる
仕事が全く上手くいかない

あるのは将来に対する不安




s-DSC_2565



 将来に恐れを感じ始めると


 仕事=お金儲けの手段


 としか考えられなくなり
 売上,利益,効率というものに
 縛られていきました








◆好きは純粋








しかし
売上を追えば追うほど
売上が落ちていきました



自己肯定感は最悪で
何の自信も持つ事が出来ない
誰からも必要とされない




exma 136



そんな人生最悪の時期に
藤村正宏先生との出会いで
『好き』を取り入れてみました





好きは純粋でした





売上を上げるためではなく
好きだからやる

ものすごく単純ですが
想像以上にこの『好き』には
パワーが宿っているのです








◆変わる仕事の意味








好きなことをして
人に喜んでもらえると
好きがもっと好きになる

私の中で
また変化が現れ始めました





 仕事は
 自分に出来る事を通して
 人のお役に立つ手段





そんな風に感じるように
なってきたのです








◆仕事=人生








この10年間脇目もふらず
多角化も全くせず
仕事を深掘りしてきた結果
又変化が現れはじめました




仕事=人生そのもの




そんな風に
今は考えています



20190224ilsarto-5



仕事=お金儲けの手段

↓↓↓


仕事=人生にかけがえないもの

と気づいたのが平成





今日から
令和がスタートします

価値の深掘りを続け
仕事を通して人に貢献出来る
令和を創っていきます!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive