トップへ
ブログロゴ

経営者は人生の軌跡を記録に残そう!








vol.4907




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います








◆NJEブログ達成会








NJEブログ塾1年達成会に
先日行ってきました!







 NJEブログとは
 アホ社長再生プロモーター
 板坂裕治郎さんが
 提唱されるブログ手法

 独自のこの理論に沿って
 みんなでブログを書こう!

 と言うのが
 このブログ塾の趣旨



写真 2019-05-11 10 12 36





塾が始まったのが昨年4月

全員で11名でチャレンジし
1年継続出来たのは6名
達成率は54.5%でした








◆1年間ブログを書ける人








今までに2000名以上が
チャレンジしているブログ塾





 1年の達成率は
 平均で50%ほど


 半分もの人が書けるのか?
 半分の人しか書けないのか?


 考え方は分かれますが
 ブログを1年継続出来る確率
 は約50%ほどだということ




写真 2019-05-10 17 01 13





 でも元々は達成率が
 4%しかなかったようです

 4%→50%に上がったのは
 Facebookグループを作って
 メンバーで励ましあうように
 なってからのようです








◆同じ事を毎日続ける








1人では孤独を感じ
諦めてしまう事も多い


でもみんなでやれば
一体感を感じ頑張れる


同じ挑戦をしている
他の人の存在があるだけで
続けることが出来るのです





31395466_1733371236746655_8003554421017957423_n





 同じことを毎日続ける



 言葉で書くと簡単ですが
 実際には簡単ではありません

 ネタが浮かばない日もあれば
 書く時間がない時もあります




 大切なのは
 ”絶対に書く”と決めること


写真 2019-05-10 22 16 45



私も無事に1年間
NJE理論でブログを
書き続ける事が出来ました!








◆ブログの成果








私が1年間
NJE理論でブログを書き
一番良かったことが

強いコンプレックス

を受容れられたことです





 コンプレックスがあるのは
 気づいていました

 でも認めたくないので
 蓋をして隠していました





自分と対話しないと
NJE理論ブログは書けません




無題




 過去の自分
 楽しかったこと
 辛かったこと


などなど
自分を振り返ることで
使命や自分の役割,軸に
気づく事が出来るのです








◆強いコンプレックス








強いコンプレックスとは


家業を継ごうとしたが
辛さで逃げ出した過去






 起業し10年間
 脇目もふらずに出来たのは
 この強いコンプレックスを
 払拭したかったから





NJE理論でブログを書いて
そんな事に気づきました


IL SARTO_10th_logotype_data_ol+-04



 コンプレックスは
 そのままだとコンプレックス
 でしかありません

 でもコンプレックスだと
 認め受容れることで
 強い原動力に変わるのです








◆人生の軌跡を記録する








事業承継が出来ずに
逃げ出したコンプレックスは




想いや事業を引き継ぐ
お手伝いをしたい




そんな強い使命感に
変化をしてきました




53030537_1256762531146460_3728218525609754624_o




自分の本当にしたい事は
過去の体験の中にある



NJE理論ブログを書き
そんな事に気づきました




私にとって
ブログ=人生の軌跡




毎日ブログ更新するのは
楽な事ではありませんが
自分の人生の記録として
しっかりと継続してきます
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive