トップへ
ブログロゴ

三井住友銀行『Tシャツ,Gパンで出勤OK!』に仕立て屋として思うこと







vol.4961




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います








◆ビジネスマンのスーツ離れ








ビジネスマンが『スーツ離れ』
紳士服チェーンの苦戦続く



そんなニュースを目にしました





無題

 ↑↑↑
 出展元 ヤフーニュース






スーツのお仕立てを
生業とする私にとっては
見過ごせない記事です

早速記事を読んだのですが
その時に感じたのは





 大ピンチ!


 大チャンス!





この真逆の感情でした








◆スーツを着る人が減る








大ピンチ!
と感じた理由は



スーツを着ると言う文化が
どんどん廃れていること





無題

 ↑↑↑
 出展元 ヤフーニュース
 
 三井住友銀行でも
 服装規定が変わったようです








 仕事=スーツと言う考えが
 どんどん変化をしていて
 スーツを着なくても良い
 職場が増えています

 クールビズ,ウオームビズ
 の普及でカジュアル化が進み
 この流れは更に加速するのは
 間違いありません







時代の変化で
着物を着る人が激減した様に
スーツを着る人は激減する



大ピンチ!と感じたのは
そのような理由からです








◆服の概念を変える








大チャンス!
と感じた理由は



制服的な役割のスーツを
売る時代は終わったこと



10232_1701055DSC05600L1



 スーツを着てれば大丈夫!
 と言う時代は終焉を迎え
 別に着なくても良くなった

 仕事着としてのスーツが
 不要になれば
 当然売上は落ちます





何故スーツを着るのか?
この概念を変える時が来た!



大チャンス!と感じたのは
そんな理由なのです








◆着物とスーツ








 着物を着ている人(特に男性)
 は非常に目立ちます


 と同時に感じるのは


 何故
 着物を着ているのだろう?


 そんな想い






S_8088681485274

 ↑↑↑
 素敵に和服を着こなす
 和多田泰久さん







スーツを着る人も
そんな風に思われる時代が
近い将来間違いなく来ます

スーツの聖地
英国 サビルローにおいても
スーツ売上は激減しています





DSC_7468





 でも考えてみて下さい!




 非常に目立つ

 →→記憶に残りやすい


 何故着ているのだろう?
 と思われる

 →→明確な主張を持っている




 と置き換えられませんか?







この2つは
他者との違いを明確にしたい
経営者にとっては最大の武器
になるのです








◆装うとは?








世間の流れにそのまま乗ると
楽と言えば楽ですが
その他大勢になりかねません

特に会社の顔である経営者は
それでは絶対にダメなのです





 他社と明確に違う
 選ばれる理由を明確に持ち
 世の中に必要とされる会社





そんな会社に
イルサルトもなっていきたい

そしてその役割に相応しい
唯一無二の装いは
絶対に存在するのです




13-16




装うとは
自分が何者なのかを示し
記憶に刻み込む行為なのです








◆経営者の装いとは?








 経営者の服は服ではなく
 経営理念そのもの


 言行そして装いが
 一致している状態を

 経営理念を
 身に纏っている



 とイルサルトでは
 定義をしています




25-28





 経営者は服を着るのではなく
 経営理念を身に纏うことで
 『会社の顔に相応しい姿』に
 近づくことが出来ます



 経営理念と経営者の見た目が
 ピタリと一致する会社は
 メッセージ性や影響力が
 自然と強くなります



 結果として
 強いブランドが
 出来上がるのです





1-4


この概念を世に広め
自分らしく生きる
幸せな経営者を増やしたい

そんな強い想いを持ち
今日も仕事をしていきます!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive