トップへ
ブログロゴ

乙女の心をつかむのは簡単ではありません・・・









vol.4968




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います








◆娘とデート!








先週は久々の土日休み!



息子はサッカー合宿
妻は外出だったので
娘とデートしました(^^♪




 アラジンを見て
 ワンピースを買って
 ピッツアを食べて

 娘の気を引くのに
 必死な私(^^♪




考えられうる
最高の接待をしたのですが



66231222_2335082739904171_6566137549629161472_o

ねえねえーーー
こっち向いてよ!!


乙女の心を
掴むのは難しい・・・








◆ジョブズさんの名言








心をつかむためには
相手の心を知る必要が
ありますね(笑)

スティーブジョブスさん
の名言を思い出します








 美しい女性を
 口説こうと思った時

 ライバルの男が
 バラの花を10本贈ったら
 君は15本贈るかい?? 

 そう思った時点で
 君の負けだ



 ライバルが何をしようと関係ない



 その女性が
 本当に何を望んでいるのかを
 見極めることが重要なんだ




RetroSteveiPadChair_640x480




娘が本当に望んでいるもの
それが分からない限り
私を向いてくれない
ということです(笑)








◆ベクトルの方向








起業相談をうけることが
よくあります





 事業を始める方は

 とにかく~~したい!

 そんな気持ちが強い





私も起業時はそうでした


ただただスーツが好きなだけ
ベクトルが自分にしか
向いていませんでした



AIRY5768
↑↑↑
起業時のプロフィール写真






でも起業時はそれでいい!
私はそう思います





 服が好き!
 お金儲けしたい!
 チャンスだ!





何でも良いと思うのです




TER_3811


 事業の立上げ期と言うのは
 下りのエスカレーターを
 全力で上に駆け上がるほどの
 エネルギーが必要


 そのエネルギーが出るのなら
 どんなモチベーションでも
 良いと思うのです


 世のため人のためと
 最初から言っているのは
 本当なのかな??
 と感じることがあります








◆ベクトルを相手に向ける








大切なのは
3年ほど経ったころ






 3年ほど経つと
 最初の勢いも落ち着きます

 この時期から
 必要になってくるのは
 事業への想いです

 仕事を通して
 誰のどんな
 お役に立ちたいのか?





この想いを
真剣に考える時期が
このころなのです




17203121_776579719164746_718079562813412003_n



 最初の例で言えば
 娘がとにかく好き!
 なのが最初の段階

 この時点では
 ベクトルの方向は
 自分



 娘がどんな悩みを持ち
 何を望んでいるのか?
 を考えるのが次の段階

 この時点で初めて
 ベクトルの方向が
 相手に変わるのです






ベクトルの方向を変え
強い想いを持つことが
事業継続する原動力に
変わっていくのです








◆私の変化







創業して3年のころ
経営者専門のスーツ仕立て屋
と名乗り始めました

それまでは
ただのファッション屋さん




 お客様を如何に
 格好よくするのか?



考えているのは
ただそれだけでした

お客様の要望よりも
とにかく格好よくしたい!
という気持ちだけでした




ARY73809
 ↑↑↑
 その頃の写真
 今とは違いノーネクタイも
 多かったです





しかし
色々な方との出会いの中で
それだけではいけないと
感じはじめたのです




 お客様が
 本当に望んでいること



は何かを考えたときに




 服をファッションとして
 売るのはやめよう



と決めました








◆お客様の望み








カッコ悪いよりも
カッコイイのが当然いい

でもファッション性が
そこまで大事な方が
どこまでいるだろう?





 それよりも
 会社の顔として
 信頼される身嗜みを
 求めている方が
 圧倒的に多いのでは?




そんなことを思い





 服を通して
 会社の顔に相応しい
 経営者になるお手伝い



これを
イルサルトの価値にしよう!
と決めました







◆深化する想い








経営者専門スーツ仕立て屋
と名乗り始め7年ほど

この想いは
日々深化をしています


特にこの1年
ブログをNJE理論で
書くようになってから
より深みを増しています





 ※NJE理論

 板坂裕治郎さんが提唱する
 独自のブログ技法




safe_image
 ↑↑↑
 板坂裕治郎さんと




何がしたいか?も大事ですが
何が求められているのか?
を常に客観的に考え
変化し続けることが重要


常に変化をし続け
娘の気を
引きたいと思います(笑)
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive