トップへ
ブログロゴ

自分が『吉本興業 岡本昭彦社長』だったらどうするか?








vol.4979




こんにちは!

『日本で唯一の』
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います








◆吉本興業社長会見







闇営業問題で
吉本興業の岡本昭彦社長が
昨日会見されましたね


岡本社長
 ↑↑↑
 出展元 ヤフーニュース






私も見ていたのですが
様々なことを感じました





 まわりくどい説明

 曖昧な表現

 処分の撤回





エンタテインメント業界を
代表する大企業の会見とは
到底思えませんでした








◆想いが感じられない








色々感じた中で
最も感じたこと

それは




岡本社長には
決定権が何もないのでは?




と言う疑問


なぜなら最高責任者として
『自分で』判断している方の
言葉には思えなかったのです




岡本社長

 ↑↑↑
 出展元 ヤフーニュース






 芸人さんに対する想い

 仕事に対する想い

 事件に対する想い

 経営者としての想い




こうした想いが
何ひとつ感じられない

会見をしろ!
と言われたから出てきた

そんな雰囲気にしか
見えませんでした








◆経営者とは?








会社の顔としての
発言内容ではない

感じた事を
一言にまとめると
これに尽きます






 裏で岡本社長を操作する人が
 いるかどうか知りませんが
 あの場に出てくる以上
 会社の顔は岡本社長

 吉本興業のイメージを
 良くするのも悪くするのも
 岡本社長次第なのです




岡本社長

 ↑↑↑
 出展元 ヤフーニュース





 良いニュースは
 『社員のお手柄』

 悪いニュースは
 『経営者の責任』





これが
理想の経営者だと
私は思うのです








◆会社の顔として








会社がピンチに陥った時の
経営者の態度を
一番見ているのは誰か?

これは間違いなく『社員』





 ピンチの時にどうするか?が
 会社が復活出来るかどうかも
 社員が頑張ろう!と思うかも
 すべて決まります



 社員は

 会社の顔としての
 責任ある経営者

 を求めているのです


岡本社長
 ↑↑↑
 出展元 ヤフーニュース





 昨日の会見を見て
 一番不安を感じたのは
 吉本興業の社員さんと
 所属タレントさん

 会見で事実を認め謝罪し
 ご自身の進退を決めていれば
 又違う流れになっていたはず




私自身の
経営者としての生き方を
考えさせられた会見でした
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive