トップへ
ブログロゴ

自分の人生が映画になるとしたら誰に演じて欲しい??











vol.5037




こんにちは!

『日本で唯一の』
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います










◆スーツとは?










先日とある取材を受けました
その中の質問の1つで

経営者にとってスーツとは?

と聞かれたのですが
私はこう答えました






 ※※※


 経営者が纏うのは
 スーツではありません

 経営者が纏うのは
 経営理念そのもの

 経営理念が形になったのが
 経営者のスーツ


 ※※※




これがイルサルトの考え方





141


この経営理念を纏うため
お仕立てをさせて頂く際
色々な質問をさせて頂きます





 お仕事内容

 経営理念

 志





こうした事をお聞きしながら
経営理念たるスーツを
お仕立てさせて頂いています










◆お客様からのメール










先日お仕立て頂いたお客様が
こんなメールを下さいました





 ※※※


 サロンに伺った感想は
 全てが末廣さんの
 拘り感満載であり

 話し方
 座っている時の姿勢
 採寸している時の所作

 どれもが
 非常に印象的です



 生地を選ぶまでの
 アプローチはまさに
 コト提案の極み‼️ 

 スーツというモノを
 売っていないことを
 改めて実感出来ました


 それと
 言語化する頭の編集力
 言語化するセンス

 私の頭の中を
 綺麗に交通整理を
 して頂いた感じです 


 ※※※




イルサルトの届けたい価値を
このように感じて下さり
本当に嬉しいです(^^♪










◆私の頭の中










お客様のお話をお聞きし
私の考える順番は
こんな感じです





 1)
 ヒアリング

 ↓↓↓


 2)
 ヒアリングした内容
 の言語化


 ↓↓↓


 3)
 お客様の価値を表す
 キーワードを抽出し
 キャッチコピーをつける


 ↓↓↓


 4)
 キャッチコピーに相応しい
 色と形を考える




この順番で考えていきます




TER05874




分かりやすく言うと





 キャッチコピーの役割の人が
 映画に出ていたとしたら
 どんな装いをしているのか?

 その役柄はいったい
 誰が演じているのか?




そんなことをイメージし
ワクワクしながら
価値の伝わる装いを
考えているのです(^^♪










◆人生の仕立て屋










私の仕事は




 日本で唯一の
 経営者専門スーツ仕立て屋

 装いを通し
 貴方と言うブランドを
 創り上げるお手伝い




TER05764




一行キャッチコピーを
つけるとしたら




 人生の仕立て屋



この役割の人が
映画に出ていたとしたら
どんな装いをしていて
誰が演じているでしょうか?!









◆演じて欲しい人










人生の仕立て屋と
言うからには
様々な人生を見てきた人

年齢もある程度重ねていて
深みを感じる渋みがある

そんな感じしませんか?

今の私の年齢では
まだ少し若いかもしれません



2015-06-16 10.07.51



 年齢は50歳以上

 渋めの色のスーツを着ていて
 注意深く人のお話に耳を傾け
 その本質を掴み
 人の価値をスーツに変える




この役柄を演じるのは
ずばり竹中直人さんですね!










◆自分を客観的に見る










自分の人生が映画になったら
主役は誰が演じるのか?





 そう考えると
 自分の事ではなくなり
 客観的に考えられるのです

 しかも美化されるので
 自分の歩みたい理想像が
 何となくイメージ出来ます

 そしてその姿を
 常にイメージする事で
 イメージに近づいていきます





普段考える事でありませんが
たまにそんな事も考えると
又新しい発見がありますよ!

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive