トップへ
ブログロゴ

ファンとの関係を大切にすることを綾戸智恵さんから教わりました









vol.5049




こんにちは!
イルサルト末廣徳司です




 『主役スーツ』

 一度きりの
 人生という舞台で
 主役を演じきる
 衣装を仕立てる

 日本唯一の
 経営者専門スーツ仕立て屋




今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!










◆綾戸さんからのメール!










綾戸智恵さんが
先日メールをくださいました!





71338480_2488913807854396_8472135110928367616_n





関西でライブされるときには
いつもこうして
直接連絡を下さるのです!

こんな関係性になるなんて
今でも半分信じられません・・










◆突然の閃き!










10周年記念パーティを
開催することを決めたあと
何をしようか?
を考えだしました




 パーティが出来たら
 すごく楽しい! 

 でもそれだけなら
 ワクワク感は少ない

 ワクワクすること
 なにかないのか???




頭に宿題を出していると
ある日ふと浮かびました!




DAKEHCD-1006



 綾戸智恵さんに
 記念ライブしてもらおう!




そんなことを
突然思いつきました









◆ワクワクがとまらない!










ジャズ歌手の綾戸さん
私すごく好きなのです!


一般的には



 よく話す
 大阪のおばちゃん

 オムツのCMの人



そんな印象かと思いますが
歌がとにかくパワフルで
魂を込めて歌っているのが
心に響いてくる方なのです


綾戸さん




思いついた瞬間
ワクワクが止まりません!










◆綾戸さんと友達になるには?










事務所を通し 
仕事として依頼すれば
条件さえあえば実現可能


でも私はそれでは嫌でした




 私自身がどんな人間で
 どんな想いをもっていて
 お客様に何を伝えたくて

 そもそも何故綾戸さん
 でないといけないのか?




を本人に知ってもらった上で
『喜んで歌わせてもらう!』
と思って歌ってもらいたい



10周年パーティ



その為には
『綾戸智恵さん個人』と
つながりを持つ必要がある










◆出来ることをしよう!










どうしたらいいのか?

そんなことが
そもそも可能なのか?

も分かりません


まずしたことは・・・
ファンクラブに入る(笑)



10273904_637203899692072_646519486100744305_n


 何度もお手紙を書き

 わざと目立つ大きな眼鏡で
 最前列でライブを見て

 各地のライブ会場には
 記念のお花を送り続け

 ブログ,Facebook,
 ニューズレターには
 綾戸さんの事を書き続ける

 そして事あるごとに
 人にはなす!





そんな事を3,4年続けると
私の存在が綾戸さん本人に
知られるようになりました










◆奇跡が起きる!










そしてある日
とあるライブハウスに
来られる情報をつかみました




 チャンス到来!

 大きなホールなら無理だけど
 小さなライブハウスなら
 話しかけるチャンスはある

 直談判しよう!




そう決め直談判することを
とFacebook投稿すると
見知らぬ方から
メッセージが来ました







フェイスブック





 末廣さん 

 実は綾戸さんのスタッフを
 6年ほどやっていたので
 スタッフの方に
 つなぐことも出来ます

 お手紙作戦で
 上手くいかなければ
 遠慮なくおっしゃって下さい




たまたま私の投稿を
見ていた方からでした

奇跡的にあらわれた
この方のお蔭で直談判成功!



綾戸さん
 ↑↑↑
 直談判成功の瞬間!






綾戸さんの確約を
その場で頂くことが
できたのです!










◆圧巻のライブ!










そして当日は
圧巻のライブでした

全身全霊で70分ちかく
イルサルトのために
歌って下さいました!



10周年パーティ



あれから半年以上経ち
今でもこうして関係が
続いていることに
感謝しかありません

綾戸さんからは
本当に色々なことを
おそわりました

これからも
綾戸さんとのご縁を大切に
歌を聞き続けます!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive