トップへ
ブログロゴ

年末ではなく12/22までに断捨離すべし!

年末で大掃除を予定している方、不要な物を捨てようとしている方も多いと思いますが、断捨離するなら12/22までに済ませてしまいましょう!

と言うのも12/22が新月らしいのでそれまでに不要な物を捨てておいた方が良さそうなんです。

といっても捨てれないものある

破れたり汚れたりしたものって諦めがつくのですが、なかなか諦めがつかないものって有りますよね。代表的なのが・・・

結構高い金額で買ったけど、あまり着ていない物

親とか彼女とかからもらったもので捨てるにしのびない物

でもこういった着ない物がクローゼットにあるだけで場所も取るし邪魔。。でも捨てるに捨てれない。。

t02200293_0480064012764682499

こんなスーツとかね。。。

こういった場合の選択肢は大きく3つあります。

※リフォームする

※リメイクする

※捨てる

リフォーム→リメイク→捨てる

まず1個目のリフォームですが、これはサイズ直しの事で昔買ったちょっと大きな(小さな)服を今風のサイズにお直し(リフォーム)する事で又着れるようにする。

ただこれには注意が必要で体重10キロ以上の増減をしている時、生地そのものが傷んでいる時、そして形そのものが古過ぎる場合。

この場合にはリフォームしてもキレイに直らない事が多いんです。

そして2個目のリメイク。これはサイズ直しでなはく別のアイテムに作り替えること。ジャケットをベストに変えたり、コートをジャケットに変えたりする事を言います。

このお直しはキレイに仕上がれば本当に生まれ変わりますが、失敗すると目も当てられなくなるので、信頼できるリメイク屋さんが必要です。そして費用もそれなりに掛かるので見積もりを必ず確認してください。

そして最後の”捨てる”

大ベストセラー ”人生がときめく片付けの魔法” の中ではときめかないものは捨てる!それを判断基準にとありましたが確かにその通りだと思います。気に入らない服を着ている日はテンションも上がりません。あとは1年以上着ていないとか自分の中で基準を作ると判断がしやすいと思います。

どの方法を取るにしても、すごく気に入った物だけを自分の周りに置いておくだけでモチベーションも上がりますしスッキリして必要な物だけが手元にある状態が理想です。

又手放す事によって又新しい物が手に入るものですよ!そんな視点で12/22までに断捨離してくださいね!!!

 

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive