トップへ
ブログロゴ

粋な男性の作法を知ろう!わさびの正しい使い方












vol.5090




こんにちは!
イルサルト末廣徳司です




 『主役スーツ』

 一度きりの
 人生という舞台で
 主役を演じきる
 衣装を仕立てる

 日本唯一の
 経営者専門スーツ仕立て屋




今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!










◆男の作法












最近また読んでいるのが
この一冊




74717115_2575963182482791_6527110843962753024_n

 男の作法
 池波正太郎




年齢を重ねると
それまでの生きざまが自然と
所作にあらわれるもの

私も日々反省することが
すごく多いです・・・・




 あんな言い方は
 なかったよな・・

 あの態度は
 良くないよな・・




色々思うところもあります

何歳になっても
男を磨き続け粋に人生を
すごしていきたいものですね











◆わさびの使いかた










以前にこの本を読んで
すぐ実践したことがあります


それは
お刺身のわさびの使い方


それまではわさびを
醤油に溶き食べていましたが
お刺身にわさびを少し乗せて
食べるように変わったのです

それはこの本の中に
こうあったからでした



retina_pixta_22249794_S



 お刺身を食べる時に
 多くの人はわさびを取って
 お醬油で溶いちゃうだろう

 あれはつまらないよ


 刺身の上に
 わさびをちょっと乗せて
 それにお醬油をちょっとつけて
 食べればいいんだ

 そうしないと
 わさびの香りが抜けちゃう



 醤油もにごって
 新鮮でなくなるしね






こうして食べることで
以前にも増して
お刺身が美味しく
感じられるようになりました(^^♪










◆男の美学










本の中で書かれている事は
池波正太郎さんの時代には
男の常識とされていたこと

しかし時代の変化と共に
その常識も変化をしています

今の男性には
実行不可能なことも
中にはあるのですが




 粋な男性とはどうあるべきか?

 男性の美学とは何か?





時代が変わったとしても
十分通用する普遍的なものも
沢山書かれています










◆新たな可能性をひらく










年齢を重ねてくると
人に聞くことが
恥ずかしく感じたり
億劫に思う事が増えます

でもその道に詳しい人に
色々と聞くことで
新たな可能性の扉が開き
人生をより楽しめるのです!





shutterstock_631619615_04223714460841_xxlarge




 私の場合は
 装いの専門家として
 知っている知識を出来るだけ
 多くの方に伝えていきたい




結果的に男磨きに繋がり
粋な人生を歩む
お手伝いが出来たら!

そんな事を思います
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive