トップへ
ブログロゴ

ボクが成功をしないといけない2つの理由

先週は3日間ほどとある研修に参加をしてきました。

朝から晩まで3日間、自分の人生の事を深く考える。そんな内容でした。人生の理念とか人生でやり遂げたいこととか普段あまり考えない事をこの3日間じっくりと考えてきました。そしてようやく自分の中でも答えが分かってきて、自分の軸がはっきりしてきたんです。

ボクの人生の理念とは?

一言で言えば、やはり人のお役に立つ事。自分が経験した事、得意な事、好きな事を通して人の悩みを解決したり,お役に立つ事。そしてお役に立つ事が自分自身の喜びになる,そんな人生を歩んでいきたい。

そんな風に思いました。正直今まではそんな事を全然思ってませんでした、どちらかと言えば自分の好きな事をしたいとか、こんな生活をしたいとかそういった自己中心のものでした。でもイルサルトを立ち上げ、お客様に喜んで頂いている姿を見ていると、自分のしている事や知っている事には結構価値があるんじゃないか?人のお役に立てるんじゃないか?そんな事を思い始めたんです。

写真 2014-12-04 14 08 21

ワールドで働いている時にはそんな感覚は有りませんでした。商品企画の仕事をしていたのですが、最終どんな方に買って頂いているのかは分からなかったので、売上と言う結果はありましたが、自分が必要とされている感覚はあまり感じた事がないと言うのが正直な所なんです。

でも今は全く変わりました。褒められる時もミスして怒られる時も目の前にお客様がいます。だから”生きている感覚やお役に立っている実感”があるんです!現場を離れて経営に専念していく経営者も多いのですが、ボクは一生現場の仕事をしたいと思っている理由はここにあります。

ボクが成功をしないといけない2つの理由

そしてボクは成功の人生を歩みたい!そう思っています。成功ってコトバは何かお金を儲けるとか経済的なイメージが強いとは思います。勿論経済的な成功も大事ですが、どれだけ人に必要に思ってもらえたか?お役に立つ事が出来たのか?喜んでもらえたのか?その方が大切、今ではそんな風に思うようになりました。他人に貢献出来る人生=成功の人生であるとボクは思っています。

ボクには絶対に成功をしないといけない理由が2つあります。

1個目の理由は、日本で唯一の経営者専門のスーツ仕立て屋として”装う事で生まれる自信”を世界中の経営者に届ける、経営者を服のチカラで元気にする事で世の中を良くする事がボクの天命だからです。

そしてもう一つの理由は、親への感謝を形にする為です。大学を卒業し、ワールドに入るまでは順風満帆の人生でしたが、立ち上げた事業が上手く行かなかったり、お世話になる事になった親の会社でも全く成果を出す事が出来ず、売上が下がる一方、ネットで売る事を試みてみたり、生活雑貨を売る事を試みて見たりしましたがことごとく失敗に終わりました。この頃がセルフイメージが最悪でした、将来の不安しかない日々で体重も70キロを超え、ファッションへの興味も無くなり、毎日セントジェームスのボーダーのカットソーや体型を隠すような服ばかりを着ていました。

あまりにブクブクと太っていくボクを見た嫁が”ダイエットでもしてみたら”の一言で当時流行っていたバナナダイエットをしたのが2008年6月、これが効果があってダイエットが成功しました。ダイエットを成功したら何か色々やる気が出てきて、その頃にエクスペリエンスマーケティングの藤村正宏さんに出会い、私塾に参加した事で運命が変わり、2009年2月に今のイルサルト事業を立ち上げる事になりました。

自分が一番好きな事を仕事にした結果、仕事なんだか趣味なんだかその境界線がなくなりました。でも今まで感じたことの様のない充実感を感じながら夢中にやった結果、立ち上げて3年で1,000人を超えるお客様に支持をして頂ける様になりました。

その一方で一旦お世話になった親の会社は継承しない、そういった決断をする結果になりました。

自分が苦しい時だけお世話になって、自分の事業が軌道に乗れば継承しないという不義理な行動です。でもワールドを辞める時も、家業に入った時も、売上が下がり続けた時も、イルサルトを立ち上げた時も、そして家業を継承しないと決めた時も、いつも何も言わずにボクの好きな様にさせてくれた親には本当に感謝の気持ちしか有りません。

親への気持ちを形にして表し、うちの親に育てられた息子は立派に人のお役に立ち社会に必要とされる人間になった事を証明する為にも、自分が親にしてもらった事を2人の子供にしてあげる為にも、いつも笑顔で応援してくれている妻の為にも、そして自分には価値がある事を自分自身で証明する為にもボクは絶対に他人に貢献出来る人生=成功の人生を歩まないといけない。

 

これからも色々な事があると思いますが、強い気持ちを持って人生を切り開いていきたいと思います。3日間の研修を通じてそんな事を再確認しました。

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive