トップへ
ブログロゴ

小さな会社の経営者は『独自の世界観』を創り上げよう!

vol.5112

こんにちは!
イルサルト末廣徳司です

 『主役スーツ』

 一度きりの
 人生という舞台で
 主役を演じきる
 衣装を仕立てる

 日本唯一の
 経営者専門スーツ仕立て屋

今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!

◆ユニゾンスクエアガーデン

ユニゾンスクエアガーデンの
ライブに妻と行ってきました!






 ユニゾンスクエアガーデンは
 3人組のロックバンド

 彼らを知ったのは3年ほど前

 ここ最近デビューしたのかな?
 と思っていたのですが
 今年デビュー15周年を迎えた
 イルサルトよりも先輩でした(^^♪

出展元
ユニゾンスクエアガーデン公式サイト

今回のツアーは
BサイドSEAサイドと
名付けられたツアー


どういう意味だろう?


と思っていたら
B面の曲しか演奏しない!
と言う意味でした・・

でも妻はノリノリ!

ほぼ知っている様子で
良く知ってるねーと聞くと

ファンクラブ入ったからね♪♪

と一言・・・・

知らないうちに
ドはまりしていたようです(笑)

◆ファンクラブ

ファンクラブと言えば
私も昔入ったことがあります

遡ること35年ほど前
斉藤由貴さんのファンクラブに
入りました(^^♪


当時の斉藤由貴さんは
本当に可愛く
ものすごい人気がありました



 ファンクラブに入った僕は
 主演映画は初日に見に行き
 コンサートツアーもフル参加!
 
 斉藤由貴さんの薦める
 本,雑誌,映画も全て見る!




斉藤由貴さんの意のままに
動かされていました(笑)

◆ファン心理

好きな人の薦めるものなら
自分も試してみたい!


こう思うのが
ファンの心理というもの


でもこれって
仕事の本質なのでは?
と感じるのです

 物やサービスを売るのでなく
 自分の世界観を発信し
 共感した人がファンになる

 結果として
 モノやサービスが売れていく

 そんな形が出来れば
 理想的なのではと思うのです

私の創業のキッカケが
藤村正宏さんとの出会い

藤村さんが提唱するのが

エクスペリエンス
マーケティング


略して
エクスマと呼ばれています

◆エクスマとは?

物やサービスを売るのでなく
その物やサービスを通して
どんな体験が出来るのか?

伝えるのがエクスマの本質

本質を伝える上で大事なのが



 自分は何故
 この仕事をしているのか?

 仕事を通して
 何を実現したいのか?




こうした想いの部分
まさに『世界観』なのです

◆世界観を創る

何故その仕事をするのか?
の理由は人ぞれぞれ




 人それぞれだからこそ
 真似できるものではなく
 これこそが個性



 扱っている商品が
 たとえ同じであっても
 想いが違うことで
 違った価値になるのです
 

スーツを売ると考えたら
全てのスーツ屋さんは同じ

でもスーツを通して
何を実現したいのか?は
人によって全く違います

この部分をしっかりと意識し
イルサルトの世界観を
創り上げていきます

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive