トップへ
ブログロゴ

経営者は常に自己研鑽を欠かさず学び続けよう!

vol.5137
 
 
 
 
こんにちは!
イルサルト末廣徳司です
 
 
 
 
 『主役スーツ』

 一度きりの
 人生という舞台で
 主役を演じきる
 衣装を仕立てる

 日本唯一の
 経営者専門スーツ仕立て屋

 
 
 
 
今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!

◆小4の算数がわからない・・

お父さん
分からないから教えて!


と息子が聞いてきた
こちらの算数問題

4人掛けすると15脚不足
5人掛けすると24脚多い
生徒の数と椅子の数は?

うーーん・・・
まったく分からない・・・

近頃の小学4年生は
難しい勉強を
しているのですね・・・

息子を尊敬します・・・

◆大人の勉強

子どもは学校があるので
自然と勉強をするもの


でも大人になってからは
勉強をする人しない人に
はっきりと分かれます


イルサルトにお越しになる
お客さまは例外なく

常に自己研鑽を欠かさず
学び続け成長意欲が衰えない

そんな方ばかり


そうした方と話していると
自分も学ばなくては!と
強い刺激をもらうのです

とはいえサラリーマン時代は
自己投資した事はまるでなく
色々な勉強を始めたのは
自分で事業を立上げてからです

◆学ぶことに終わりはない

学べば学ぶほど
分かってきたこと

それは
学ぶことに終わりはない

学びつづけ
そして実践しつづける大切さ

私の周りの経営者さんたちは
もう学ばなくても良いのでは?
と思うほど突き抜けているのに
学ぶことをやめません

その中のお1人が
ほめる達人こと西村貴好さん

“ほめる”という言葉から
“おだてる”を連想する方
も中にはいます

しかし西村さんの仰る
“ほめる”とは“おだてる”は
全く別次元のもの

人や物事の価値を
独自の視点から見つけ出し
伝わるように伝えきる


これがほめ達さんの捉える
『ほめることの本質』です


◆学び方が大切

西村さんと出会って
私が最も影響を受けたのが
『師に対する姿勢』

西村さんにも
師匠が何名かおられますが
この人と決めたら徹底的に学ぶ

そして学び続ける態度が
とにかく素晴らしいのです


西村さんほどの立場になれば
もう学ぶ事などないのでは?

と思うのですが
学び続けられる姿勢を見て
自分もそうであろうと
襟を正すのです

◆私の学び

私自身も様々な学びを
今までにしてきました


マーケティング
イメージトレーニング
ブログ



中でもここ数年間は
ブログを集中的に
学んできました

ブログの書き方を学ぶことで
思考がかなり整理されました


 やりたいこと
 出来ること
 やらなければならないこと



こうしたことの交通整理が
ようやく出来てきました

沢山学んできたことを生かし
2020年飛躍していきます!!



この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive