トップへ
ブログロゴ

選ばれるブランドを創る上でもっとも大切な事とは?

vol.5151
 
 
 
 
こんにちは!
イルサルト末廣徳司です
 
 
 
 
『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
 

 
 
 
今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!

◆ピッティウオモ最終日

ピッティウオモも
今日がいよいよ最終日!

朝から色々なブースを
見て回っています

この展示会中だけでなく
出張中はとにかく
よく歩き回るのです

日本だと
タクシーを乗る距離も
こちらは全て『歩き 』

1日の歩数が


 22000歩

 28000歩

 25000歩



と日本にいる時の
3倍は毎日歩いています

しかも石畳なので
足腰に来るのです・・・

年齢を重ねても
イタリア出張にこれるよう
身体を鍛えないとです・・・

◆ブランドを創るものとは?

それだけ歩き回って
商品チェックをするのですが
個性のあるブランドと
そうでないブランドが
はっきりと分かれます


個性を感じるブランドは
商品だけでなく展示方法や
世界観の作り方にも
工夫をしています

これだけブランドがあると
商品だけで差別化するのは
非常に難しい

商品
展示方法

こうしたものの掛け算が
ブランドを創り上げることを
展示会に足を運ぶと
強く感じるのです

◆ブランドを創るために

でもこのことは
自分の仕事にもそのまま
当てはまります

インターネットを見ると
個性のある店ない店
たくさんのお店があります


展示会を見に行き
個性のないブランドは
そのまま通り過ぎるように
個性のないお店は
ネットでもスルーされます

スルーされないためには
スルーされない理由が必要



これが選ばれる理由であり
実店舗とまったく同じく


商品
展示方法



こうしたものを
掛け合わせることが
非常に重要なのです

◆バランスが重要?!

大切なのはそのバランス



商品だけでなく
展示方法だけでなく
人だけでもない




3つの完成度を上げる事が
結果ブランドとしての力が
上がっていくことに繋がる

そんな事を大切さを
ピッティウオモを見ながら
感じました

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive