トップへ
ブログロゴ

経営者の見た目は会社の見た目そのもの

vol.5227
 
 
 
 
こんにちは!
イルサルト末廣徳司です
 
 
 
 
 『主役スーツ』

 一度きりの
 人生という舞台で
 主役を演じきる
 衣装を仕立てる

 日本唯一の
 経営者専門スーツ仕立て屋

 
 
 
 
今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!

◆初めての赤パン

懐かしい写真が出てきました
2001年上海に駐在していた頃

初めて真っ赤なパンツを
買ったときの写真
!!

初めてのカラーパンツ
色が派手でかなり
恥ずかしさも感じていました

あれから18年経ち・・・・

プリントパンツ

オレンジのコート

今や何色でも着れます(^^♪
慣れって怖いですね・・・・・

◆慣れない服を着ると

慣れないものを着たとき
多くの人が感じるのが

似合っていないのでは?

という感情


しかし似合う似合わないは
個人の主観によるもの

同じ服を着ていたとしても
似合うと感じる人もいれば
似合わないと思う人もいる

たとえば
最初にBEAMSに行き

次に
UNITED ARROWSに
行ったとします



それぞれのお店で
薦められるものは
まったく違うはずです

何故なら
それぞれの販売員さんが
似合うと思うお品物は

まるで違うからです

◆似合うの本質

カジュアル服であれば
そうした選び方をしても
まったく問題ありません

着る服を気分によって変え
ファッションを楽しむのは
私も大好きです!

しかし
『経営者としての服 』
はそうした選び方を
絶対にしてはいけません

個人の主観によって違う
『似合う』を基準にすると
行くお店や薦める人によって
着る服が変わってしまいます



着る服が変わる=
伝わるメッセージが変わる




これは経営者にとって
非常に大きな問題です

会社の顔である経営者は
会社理念に沿って
一貫性のある発信を
する必要があるのです

◆経営者の服を選ぶ基準

一貫性ない発信の経営者
一貫性ある発信の経営者

どちらが信用されるか?
というと勿論後者


そのためには
似合う似合わないではなく
『相応しいかどうか?』
で選ぶことが大切です

何に相応しいのか?というと



会社の顔として
相応しいかどうか?

会社の発するメッセージと
経営者の外見を含めた
所作が一致していること




これが何よりも
大切なことなのです

◆経営理念を身に纏う!

スーツを買う前に大切なのは


経営理念を
明確に持つこと



この理念さえ決まれば
あとは自然と決まります

経営者が纏うのは
スーツではありません

経営理念を纏うのです

自分が何者であるか?
何を志しているのか?


を服にも雄弁に語らせ
唯一無二のブランドを
創り上げていきましょう!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive