トップへ
ブログロゴ

経営者は『見た目』で伝えよう!

vol.5254



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です






『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋






今日も
お客さまの人生を彩る
お手伝いをさせて頂きます

◆いまときめくこの1着!

4月も半ばを過ぎましたが
4月ってこんな寒かったっけ?
と感じるような気候


小樽では
雪が降ったようですね~~


季節はいま春ですが
5~7月の3か月間は
仕立て屋的には夏

私も一部のスーツを
春物から夏物に
衣替えを始めました!

こちらのスーツが
いま最もときめく1着(^^♪



プロフィール写真でも
纏っている茶色スーツ
季節の変化を先取りし
清涼感を楽しんでいます!

◆ときめくものを纏う!

人生がときめく片付けの魔法
の中でもありましたが




ときめくもの→残す
ときめかないもの→捨てる





私も同じような感覚

ときめくものは残し
ときめかないものは
物としての寿命を終えたと
考えています

でもこの
ときめくときめかないは
新しいか古いのか?とは
まったく関係がないのです

古いものでも
ときめき続ける物もあれば
新しいものでも
ときめかない物もある





使っている時間の長さに
まったく関係なく
ときめき続ける物はあります

◆ときめかなくなる瞬間

女性服に比べ
男性服の方が
ときめく時間は長い

男性服の中でもスーツは
ときめく時間が長い

何故なら
その時代のトレンドに
大きく左右されないからです

今年は着れるけど
来年は着ることが出来ない

そんなことは
スーツでは起こりにくく
形はさほど変わらないので
何年も着る事が出来ます

ではどういった時に
ときめかなくなるのか?
というと





自分のスタイルが
変わったとき





スタイルとは
体型ではなく
考え方や生き方です

◆スタイル=生き方

それぞれの経営者には
各々スタイルがあります




スタイル=生き方




誰かと比べるのではなく
人から望まれたものでなく
自分が心から求める生き方

どう生きるのか?を決め
その生き方に相応しい
身嗜みに身を整える

考え方に変化があった時に
自分の服装に違和感を感じ
今までの服にときめきが
なくなってくるのです



纏う服を決めるのは
どう生きるのか?を決めるのと
まったく同じこと


服をそして生き方を
確立していきましょう!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive