トップへ
ブログロゴ

経営者はこんな今だからこそ勇気をもって持論を発信しよう!

vol.5257



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です






『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋







今日も
お客さまの人生を彩る
お手伝いをさせて頂きます

◆『超 』 文章法

外出自粛で土日は
一歩も家を出ることなく
家でゆっくり過ごしました

テレビは
子供たちに占領されている為
私はもっぱらネットと読書

いま読み始めたのが
こちらの本です

『超』文章法  野口悠紀雄

様々な事や物が
オンラインに変わる今
感じることがあります

それはオンラインでも
リアルでも大切なことは
なにも変わらないこと




『発信力』





はどんな状況でも大切

むしろオンラインの方が
言語して発信する力は重要

リアルに会っていれば
退席されることはなくても
オンライン上であれば
カンタンに退席されます




飽きさせず
面白く伝える力





がこれからの経営者には
必要となってくるのです

◆主張を明確に

伝え方には
話す・書くの2つがありますが
私の場合は書く方が
圧倒的に得意です

得意というか”慣れ”
書いて伝えることが
今までは圧倒的に多く
話すと言えばセミナーくらい

今までに書いてきた
文章量に比べれば
話した量は微々たるものです・・

しかし
書いて伝えるのも
話して伝えるのも
ポイントは同じ




それは・・・

伝えたいメッセージを
明確にすること




たとえば・・・

仕事を効率的に進めるには
書類の整理をうまく行う
必要がある


書類は
内容別に分類するのでなく
時間順に並べる方がよい

この2つの文章を比べた時に
伝わりやりいのは後者


何故なら
後者は明快な主張で
メッセージだからです

◆持論を明確に!

私の仕事でいえば

経営者は自分の身なりに
気をつけた方がいい


経営者は好き嫌いではなく
経営理念を体現しているか?
でスーツを選ぶのがよい

上と下はメッセージ性が
全然違います


上は当たり前のこと
下は明確な主張,持論です


この持論を如何に持つかが
すごく大切だと思うのです

コロナが終結しても
恐らく消費がすぐに戻らず
時間が掛かると思います

でもそんな中で
選ばれる存在になる為には
明確な持論を持っている事

その持論こそが
他社との違いになるのです

持論は
合っているか間違っているか?
はどちらでも構いません

それを決めるのは
メッセージを受け取る方


メッセージを受け取る方が
正しいと思えば正しいし
間違っていると思えば
間違いになるのです

大切なのは
正しいと感じてもらった方に
共感をしてもらうこと

想いに共感してくれる方が
増えれば増えるほど
商売は繁盛します!

先が不透明な時代だからこそ
自分の主義主張を明確に持ち
勇気をもって発信しましょう!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長
『主役スーツ』 一度きりの人生という舞台で、主役を演じきる衣装を仕立てる、日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。セルフブランディングで独自化を必要とする経営者,政治家,医師,作家,講演家,士業,芸能人,スポーツ選手に至るまで10年間で14,000名を超える顧客を口コミだけで開拓する。 日本経済新聞社主催で経営者向けの着こなし術セミナーや,コラムも執筆。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive