トップへ
ブログロゴ

本木雅弘さんのような際立つ存在感を手に入れる為に必要な3つのもの

vol.5258



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋






今日も
お客さまの人生を彩る
お手伝いをさせて頂きます

◆本木雅弘さんのスーツ姿

先日テレビを見ていた時
ある方のスーツ姿の格好良さ
に目が釘付けになりました!

ある方とは

リクシルCMより

リクシルCMの本木雅弘さん


茶色スーツ
チェックシャツ
ワインレッドネクタイ



サイズ感色合わせ共に
カンペキな着こなしです!

◆スーツ姿が決まる理由

何故これほどまでに
スーツ姿が映えるのか?

これには3つの理由があります




まず1つ目が



本木さんの雰囲気と
纏う色,形に一貫性がある




そして2つ目が



本木さん自身が今までに
色々なスーツを着てきて
着ることに馴れている




最後の3つ目が



適度に筋肉があり
スーツの似合う
引き締まった身体

ご本人が選ばれているのか
スタイリストさんのチョイス
なのかは分かりません



本木さんの
雰囲気,経験,体型
に相応しい完璧な選び方




プロである私が見ても
100点満点です
正直唸りました・・



そして
本木さんの日々の節制



これらがスーツ姿を
際立たせているのです

◆存在感を手に入れるために

一般の経営者に
置き換えてみますね

本木雅弘さんのような
際立つ存在感を手に入れる為
必要なものは3つです

1)
自分の雰囲気に相応しい
スーツを選ぶ審美眼

2)
色々なスーツを着る経験

3)
スーツが似合う
身体に引き締める努力

この中で
最も難しいのが1番
次に2番
3番が一番カンタンです



1の審美眼を作る上では


自分の雰囲気=
会社の発するメッセージ

と考えれば分かりやすい

会社の発するメッセージに
相応しい服は何か?と
視点を変えてみると
服選びがまったく変わります

そして2番の経験



実際に購入し色々着ることで
スーツを着ることに馴れ
着られているのではなく
着こなせるようになります

買うのが理想的なのですが
色々なお店で試着してみる事

大切なことは
何となく試着をするのではなく
意図をもって着てみることです





色々な経験をした人ほど
話す内容に深みが出るように
色々な服を着てきた人ほど
深みある着こなしが自然と
出来るようになるのです

最後の3番
これが一番簡単です(^^)

つべこべ言わずに
頑張って節制しましょう!

これは自分に向けて言っています
偉そうに書いていますが
最近肥満気味なのが私です・・

1)
自分の雰囲気に相応しい
スーツを選ぶ審美眼


2)
色々なスーツを着る経験


3)
スーツが似合う
身体に引き締める努力

審美眼,経験,努力


この3つを意識し
経営者としての
際立つ存在感を
手に入れましょう!


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive