トップへ
ブログロゴ

島津亜矢さんは『歌怪獣』さんまさんは『お笑い怪獣』では私は何怪獣?

vol.5265



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です







『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋








今日も
お客さまの人生を彩る
お手伝いをさせて頂きます

◆歌怪獣

たまたまYOUTUBEを
見ていたときに目に入り
引き込まれたのがこちら・・・

『歌怪獣』
と呼ばれる島津亜矢さん

コブクロを歌う歌唱力に驚愕
一気に引き込まれました・・・




島津さんすごすぎる・・・
まさに歌怪獣・・・




『歌怪獣 』
と呼ばれるのが島津さんなら
『お笑い怪獣 』
と呼ばれるのがさんまさん

怪獣と呼ばれるのは
その道の一流の証ですね

◆怪獣になる方法

怪獣になるためには
どうしたらいいのか?

というと
やはり大好きなこと





島津さんは
歌うことが大好き

さんまさんが
笑わせるのが大好き





大好きなことがあり
その大好きなことを
とことん突き詰める事で
怪獣になれるのです!

アイノカタチもすごい・・・

でも大事なことは・・
好きなことではなく
大好きなこと

好きと大好きは
似ているようで
全然ちがいます!





好き
無くなっても困らない

『大好き

無くなったら困るもの






島津さんは
歌うことが出来なければ
生き甲斐をなくすはず

大好きなことと言うのは
自分の存在意義
とも言えるものなのです

◆大好きに会えるのは仕合わせだ!

生きがいと思える
大好きな事に出逢えるのは
すごく幸せなこと

中島みゆきさんの
歌ではないですが


逢うべき好きに出逢える事を
人は仕合わせと呼びます


なのです!

村上龍さんが
こんな事を書かれていました

たいていの場合
本当に

「好きなこと」
「好きなモノ」
「好きな人」


に関して
私達は他人に説明できない




なぜ好きなの?
どう好きなの?

と聞かれても
うまく答えられない



好きが
脳の深部から湧いてくる物で
その説明を担当するのは理性

そこには
本来的なギャップがある




逆に他人に分かり易く
説明できるような好きは
どうでもいい場合が多い


「なぜあの人が好きなの?」
「お金持ちだから」


というようなやりとりを
想像すればわかりやすいが

説明可能でわかりやすい
「好き」は
何かを生み出すような力
にはなり得ない

◆私の大好きとは?

『本当の好き=使命 』
だと私は感じています


私はスーツ自体も
勿論すごく好きですが


美しいモノ
人の変化していく姿


を見るのが大好きです

そして
お客様に喜んで頂く事で
自分の存在意義や価値を感じ
より大好きになりました!

イルサルトの仕事は
まさに私の人生そのもの
無くなったら生き甲斐が
無くなってしまいます


だから今でも
服を売る感覚は
あまりありません


これから30年40年と
仕事を続けていきますが
この感覚を忘れずに
いつか『スーツ怪獣』
呼ばれる事を目指します(^^)

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長
『主役スーツ』 一度きりの人生という舞台で、主役を演じきる衣装を仕立てる、日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。セルフブランディングで独自化を必要とする経営者,政治家,医師,作家,講演家,士業,芸能人,スポーツ選手に至るまで10年間で14,000名を超える顧客を口コミだけで開拓する。 日本経済新聞社主催で経営者向けの着こなし術セミナーや,コラムも執筆。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive