トップへ
ブログロゴ

何故あのおっさんの話はあんなに伝わるのか?

vol.5266



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です






『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋







今日も
お客さまの人生を彩る
お手伝いをさせて頂きます

◆ZOOM会議

昨日はZOOMを使った
オンラインミーティング

最初は戸惑った
オンラインミーティングも
だいぶ慣れてきましたね。。。



オンラインでの
最も大きな課題が
表情が見えにくいこと

笑っていても
どの程度笑っているのか?
がよく分かりません・・・・





昨日のミーティングの
ファシリテーターの方も

リアクションは大袈裟に!

とお話をされていました

拍手するときには
全力で拍手する!

笑う時には
腹を抱えて笑う!





普段以上のリアクションで
ちょうどいいくらいです(^^♪

ボディランゲージが
苦手な日本人にとっては
オンラインミーティングで
身体を使った表現が上手くなる!

そんなチャンスかもしれません!

◆イタリア人の感情表現

イタリア人と話していて
いつも感じる事があります

それは感情表現が
とにかく豊か!!!




嬉しい!
悲しい!
怒っている!




100m先から見ても
一瞬で分かるくらい(笑)

表情が豊かな上に
身振り手振りがついてくる


これだけストレートに
感情表現出来たら
どんなに楽だろうと
思ってしまいます(笑)

◆友人の変化

私の大学の同級生で
イタリア製品の輸入代理店
をしている友人がいます

彼は昔から物静か
大きな声を出したり
感情を表に出すことは
ないようなタイプ

でもイタリア貿易を
20年近くしている中で
別人のように変わりました

表情は豊かになり
笑う時は手を叩いて笑う




昔の彼からしたら
信じられない変化

イタリア人と
付き合っている中で段々
変わっていったのでしょう






でも今の彼と昔の彼
どちらが好きかと言うと
断然今の彼です!


何故なら
すごく人間らしいから



裏表のない
素直な感情を感じる事が
出来るのです

◆伝え方を鍛えるチャンス!

とは言え
感情はむやみに出せばいい
とも思いません

感情を押し殺すのが
必要となる場面もあります

オンラインが増え
リアルに会う事が少ない今



話し方
身振り手振り
表情
声のトーン
身なり



などを駆使して
伝わるような伝え方
を訓練出来る良い機会です

オンラインで伝われば
リアルではもっと伝わります!

この機会を
上手く使っていきましょう!


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive