トップへ
ブログロゴ

吉村知事だったらイルサルトをどのように進化させるだろう??

vol.5272



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です







『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋








今日も
お客さまの人生を彩る
お手伝いをさせて頂きます

◆大阪府知事 吉村洋文さん

コロナへの対応の違いで
各都道府県の知事の評価が
分かれているようです

なかでも
評価が高いのが
大阪府知事 吉村洋文さん

この評価の高さには
3つの要因があるのではと
私は感じます

1つ目が
スピードと分かりやすさ





府独自の基準を発案し
太陽の塔や通天閣の色で
危険度合いを示す

対応が早く
とにかく分かりやすい!

2つめのポイントは
必死になっているのが
伝わってくること






”吉村寝ろ”が
ワードになっていましたが
昼夜を問わずTwitterを更新

メディアにも
積極的に出られる姿から
本気さが伝わってくるのです

そして
最後が見た目






寝不足なのを想像させる
充血した目

訴えかける話し方

スーツではなく
府の作業着




今が有事であること
有事への立ち向かい方を
見た目でも表しているのです

◆決意,覚悟,行動

コロナの影響を受けている
会社は非常に多い



経営者も不安ですが
従業員も不安
みんな不安を抱えている



そんなときに経営者は
どうしたら良いのか?が
吉村知事の行動が参考になる
と思うのです

会社の方針を決め
決意を持って言い切り
そして行動に移す

もしかしたらやり方が
間違っているかもしれません
でも間違っていたら
修正すればいい


大事なのは
決断して行動に移すこと


誰も正解なんて分かりません
でもはっきりしているのは
世の中が変わるという事です

◆衣の世界

衣食住といいますが
この『衣の世界』は
今後大きくビジネスモデルを
変えないといけません






コロナの出現で
強制的に環境が変わり
人は外に出なくなった

外に出なくなれば
服は必要なくなります

コロナが収束しても
元通りになるのか?は
まったく分かりません






そんななか
会社の大きな変革が
求められています

こんな時に
ヒントをくれるのは
やはりお客様です




お客様はいま
どんな事に困っているのか?
不安,不満,不便はなにか?

不安,不満,不便に対する
イルサルトに出来るお役立ち
は何なのか?




そんなことを考え
イルサルトを進化させます!


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive