トップへ
ブログロゴ

経営者は「いま似合う服」を着るのをいますぐやめよう!

vol. 5307




こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆ついにきたアレ!

ついにうちにも
アレが届きました!!



まもなく配達終了!
との報道をみるたびに
国民と思われていないのでは?
と不安な気持ちになったアレ

小さいだの遅いだの
税金の無駄遣いとか
さんざん言われていたアレ




そうコレです(^^♪

これで私も
日本国民の仲間入り(^^)

今日から枕を高くして
寝ることが出来そうです!

◆決断、実践、修正

色々とは言われていますが
国民のためにやったこと

たぶん何をしたとしても
言う人は色々いいます

確かに決めた時点では
マスクの絶対数は
まったく足りていなかった

そしたらマスクを配ろう!

まではいいと思うのですが
状況がどんどん変わるなかで
修正する部分は修正しても
良かったのではと感じます


大事なのは


※ 決断
※ 実践
※ 修正



この3つだと思うのです

◆服選びも決断、実践、修正

「決断、実践、修正 」
どれか1つでも欠けたら
仕事はうまくいきません




 事業計画を決め
 計画に沿って実行し
 状況に応じて修正





でもこれは服選びでも
まったく同じです




 なにを着るかを決め
 お店で実際に服を選び
 似合わないものは買わない





服選びが苦手な方も
この順番で考えてみて下さい!

◆難しい判断とは?

このなかで
もっとも難易度が高いのが
「似合うかどうか?」の判断

難しい理由が3つあります

1)
自分が似合うと思う物と
人が似合うと思う物はちがう

2)
好きなものが
似合うものとは限らない

3)
いま似合っていなくても
これから似合う服もある

このなかでも
一番厄介なのが3番


いま似合っていなくても
これから似合う服もある



のです

◆私の体験

今は似合わなくても
これから似合う服があるのは
私自身も経験しています




 イルサルトを立ち上げたころは
 「ただのスーツ屋さん」

 百貨店よりも安く買える! 
 というのが売りの
 さほど特徴のないスーツ屋

 順調なスタートではありましたが
 ビジネスをもっと加速させたい! 
 とずっと考えていました

その時に
「将来のなりたい自分」
を考えてみたのです



頭に浮かんだのが

バリバリ活躍する経営者
を装いから支える仕立て屋

◆未来の自分に会う

服が大好きで起業した私は
ネクタイもせずにストールや
スーツではなくジャケットを
よく着ていました

今よりも11歳も若かったので
当時の私に似合っていました

しかし将来のなりたい姿は
バリバリ活躍する経営者を
装いから支える仕立て屋

お客さまも若い方だけでなく
重鎮の経営者もいるはず

と考えたときに
装いが軽すぎるのでは?
と感じはじめたのです

そこでジャケットをやめ
スリーピースに変えました

色も落ち着いた茶色中心
そこにペイズリー柄タイ

それまでに
着たこともないような服

最初見慣れませんでしたが
「3年先の未来の自分」
に会えた気がしてきて
胸の鼓動が急に高まりました






 服装が変わると
 言葉遣いも変化がありました

 「ボク」と言っていたのが
 この装いには相応しくないと感じ
 「ワタシ」に変えました。







服装が変わると
伝え方が変わります

伝え方が変わると
伝わる人が変わり

バリバリ活躍する経営者が
お越し下さるようになり
ビジネスが変わり始めたのです

◆将来似合う服を着る

そこで分かったことは



いま似合う服を着るのでなく
これから似合う服を着る事で
人生は大きく変わる!




そして人は誰でも



「理想的な未来の自分の姿」
「見たこともない自分の姿」



を目の当たりにすると
胸の鼓動が高鳴るような感覚
をおぼえるということ

そして
その見栄えをたもつことで
人生が劇的に変化していくのを
自然と想像するのです

そうするともはや二度と
「いま似合う服」を
着る事が出来なくなるのです

◆運命の服を届けつづける

胸の鼓動が高鳴り
着るのが楽しくて仕方ない

そして
眠れる可能性を目覚めさせ
ビジネスが加速し
人生がより良く好転する

そんな服こそが理想の服
言いかえれば「運命の服」

誰にでもあるこの運命の服を
私の人生をかけて
これからも提案しつづけます!



この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長
『主役スーツ』 一度きりの人生という舞台で、主役を演じきる衣装を仕立てる、日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。セルフブランディングで独自化を必要とする経営者,政治家,医師,作家,講演家,士業,芸能人,スポーツ選手に至るまで10年間で14,000名を超える顧客を口コミだけで開拓する。 日本経済新聞社主催で経営者向けの着こなし術セミナーや,コラムも執筆。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive