トップへ
ブログロゴ

服は口ほどに物を言う。経営者は服にかたらせよう!

vol.5327



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆ナポリブルー

コロナの影響で
残念ながらイタリア出張中止

次回は来年1月の予定
飛行機,ホテルも予約済ですが
果たして行けるのかどうか・・

気分だけでもイタリア!
という事で今日はこのスーツ

カチョッポリさんがプレゼント下さった生地






 イタリアは
 街により海の色がちがう


 洒落者は自分の街の海の色の
 ネイビースーツを着る






そんな話をイタリア人から
聞いたことがあります

まさにこれはナポリブルー

今日は
ナポリ人になった気分で
過ごしたいと思います(^^)

◆着るものに想いを込める

自分の街の海の色を纏う

すごく素敵ですよね!
「着るものに意味を込める 」
のはすごく素晴らしいこと

ちなみに私は奈良出身なので
海はありません(涙)

なんとなく着るのではなく
装いに意味を込める

これこそが
経営者の装いの本質





 着る⇒
 暑さ寒さから身を守る

 装う⇒
 何者なのか?を服に語らせる





ブランド力をあげたい経営者
が意識すべきは「装う」

服は口ほどに物を言うのです

◆服を選ぶ基準を変える

お洒落に気を使おう 
似合う服を着よう 
カッコイイ服を着よう 


経営者はこれらを 
考える必要はありません  

経営者が装いにおいて  
考えることは『1つ』だけ  

会社ブランドイメージ 
自分の装い

この2つを合致させること

これは社長業の一環として
取り組んだほうがよい



会社のポリシー
経営者の見栄え
この2つがピタリと重なると


 ブランド力
 発信力
 影響力



が劇的に強くなるのです

◆経営者としての服とは?

好きな服、相応しい服 
この2つは全く違います

プライベートの服であれば
好きな服でも構いません

私もそうしています

しかし
「経営者としての服 」 は 
好みやブランドで選ぶと 
高い確率で失敗します 



 なぜならそもそも 
 「選ぶ視点」 
 がちがうからです

 選ぶ視点とは
 会社の発するメッセージに
 相応しいかどうか?

◆見える化

経営者なら
誰しも想いを持っています

起業経営者でも
後継ぎ経営者でも
それはまったく変わらない

あとはその想いを
服を使って「見える化 」
すると更に伝わりやすくなる



なんとなく選ぶのでなく
会社や自分の想いが伝わるか?
そんな視点を持ちだすと
服選びが劇的に変わります

装いに思いを込めて
熱い思いや経営理念を
見える化していきましょう!




この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive