トップへ
ブログロゴ

『紳士服業界の玉置浩二』を目指すことにします!

vol. 5334   



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆芸術的な歌声

たまたま見たこの動画に
鳥肌がたちました・・・

玉置浩二さんの歌声を
真剣に聞いたのは
初めてかもしれません

歌唱力がハンパない・・・

上手いとかのレベルでなく
なんかもう別次元
芸術的にさえ感じます

才能×好き×努力

これが重なったとき
とんでもないところに
辿りつくことが出来る

そんなことを感じます

◆才能とは?

才能×好き×努力

この3つが揃ったとき
つきぬける存在になる

しかし才能は
なかなか分からない

自分になんの才能があるか?
が分かっている人なんて
あまりいないと思うのです

才能というのは多分
自然とできること

玉置浩二さんが小学校時代
超音痴だったとは考えにくい

たぶん歌もかなりうまくて
でも練習した上手さではなく
粗削りでも天性のものを
持っていたはずです

◆自然と出来て好きなこと

ただ自然とできることでも
好きなことでないと
夢中になれません







 好きだから
 やっていても飽きないし

 失敗したとしても
 何回でもやり直せる

 そもそも失敗を
 失敗とも思わない

 努力を努力と感じない

 頑張っている感覚が
 ぜんぜんない







好きには
すごいパワーがあるので
努力が出来てしまうのです

◆頑張ってはいけない

自分はいま頑張っている!

そんな感覚は
玉置浩二さんには
あまり無いのではと思います

もちろん生みの苦しみは
あるとは思いますし
様々な葛藤はあるはず



でも
歌を歌うこと自体は大好きで
頑張って歌っている感覚は
ないと思うのです

そう考えると
頑張っていると感じる時は
なにか無理があるのかも
しれませんね



自分の才能ではないことや
好きでもない事をするとき
人は「頑張っている」と
感じる気がするのです

◆私の感覚

自分に置き換えると
どうでしょう?

ブログを毎日書いたり
様々な媒体での発信を見て


頑張っているね!


と声をかけていただくこと
があります

でもそんなときに
いつも思うのは


そうかなあ。。。
自分自身は普通なんだけど。。



私自身は
頑張っている感覚は
ぜんぜんないのです

文章を書くのは好きなのと
毎日やると決めたから
粛々とやっている感じ(笑)




ネタが思い浮かばない日も
もちろんあるのですが
今日も頑張って書くぞ!
とはあまり感じません

◆才能にきづこう!

そういえば小さいころから
文章を書くのは好きでした

絵を書くのは嫌いでしたが
作文とかは好きで
成績も良かったですね

本を沢山読んだり
文章教室で習ったり
そんなこともなく
自然とできていました

もしかしたら
才能なのかもしれません

皆さんはどうですか?





 小さいころから
 自然とできたこと

 ほめられたこと

 頑張らなくてもできたこと

 今の仕事のなかで
 あまり考えなくても
 自然とできること





そんなことの中に
才能が隠されています!

そしてその才能を
仕事に生かせないか? 
をかんがえてみる


そして努力を重ねたら
業界の玉置浩二さんに
なることが出来る(^^♪

私も
「紳士服業界の玉置浩二 」
と呼ばれるように
努力を重ねていきます!


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive