トップへ
ブログロゴ

小さな会社には何が一番大切なのか? がコロナで分かってきた

vol.5339



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆濃厚接待の結果!

昨日はこちらのスーツ

カチョッポリさんに
プレゼントで頂いたネイビー

今年1月にはこのスーツで
ナポリでニューズレター撮影

ナポリまで赴き
現地でプレゼンを受ける
贅沢でしあわせな時間

来年はいけるかなあ~~
はやく落ち着くといいですね


プレゼントくださったのは
濃厚接待をしたからです(笑)

◆大興奮の一日

濃厚接待といっても
濃厚接触する夜の街でなく
ナポリにはなさそうなもの

大阪を代表する
マジックバーに
お連れさせて頂きました

 自分の引いたカードが
 ペットボトルから出てきたり

 誕生日お祝いのケーキが
 突然目の前にあらわれたり




大興奮の1日で
忘れられない夜になったと
すごく喜ばれました!

そして1年後ナポリに行くと
あのときのペットボトルを
お守りとして
大事にされていました(^^♪

◆人との繋がり

日本人と外国人でも
販売元と販売店でも
店主とお客さまでも


どんな関係でも結局は

人との繋がりなんだな


仕事をしていて
つくづくそんな事を思います

特に今回のコロナ渦のなかで
人の温もりや支えあいの
大切さを実感しています




 困っているだろうから
 食べに行ってあげよう

 どうせお金を使うなら
 いつものあのお店に行こう




イルサルトも
そうしたお客様にお越し頂き
仕事を続けられています

皆さま
本当にありがとうございます!

◆小さな会社の財産とは?

小さな会社にとって
一番大切なものは
「お客さまとのつながり 」

これこそが財産であると
多くの店主が感じているはず

このつながりは
お金では買うことが出来ない

情熱、プロ意識、利他の心で
時間をかけて育てていくもの

カンタンに出来ない
お金では買うことができない

だから価値がある







どんな仕事でも
まったく同じだと思うのです

モノを売るのではなく
ジブンを売る


使い古されたコトバですが
しっかりと意識し
日々実践していきます

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive