トップへ
ブログロゴ

心の深い闇も光に変わるときがある。だから生ききろう!

vol. 5342




こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆衝撃的なニュース

俳優の三浦春馬さん自殺



衝撃的なニュースが
はいってきました

その後の報道を見ていても
三浦さんの事を悪く言う人は
誰もいない

才能にあふれ
人に気遣いができる
誰からも愛される好青年
だったようですね

このニュースを見て
ある人の言葉を
おもいだしました






 光の反対には
 闇がある

 光りかがやく人は
 そのぶん闇も深い







見えている部分はわずか
見えない部分の方が多い

普通の人が経験しないことを
色々と経験しているぶん
普通持つ事のない深い闇を
持たれてたのかもしれません


三浦さんのご冥福を
心からお祈りいたします

◆私の闇

私自身も長いあいだ
心に闇を持っていました

正確にいえば
まだ少し心にあります








 それは仕事のこと

 イルサルトの創業前
 私は父の経営する会社で
 二代目として働いていました

 父の会社に入る前は
 アパレル大手のワールドで
 10年間ほど勤務

ワールドでの仕事は
数百億規模

父の会社は
わずか2億


ワールドで様々な経験をし
家業に戻った私は自信満々

父の会社の売上を上げるのは
ちょろい!と考えていました

◆予想外の事態

息子が帰ってきた!
と言う事で社員も最初は
暖かく迎えてくれました


ワールドで学んだ事を
そのまま実践したら
3年で売上倍増する!



私はそう確信していて
ワールドの成功事例を
そのまま実践

結果は・・・

3年で 売上半減

私がした様々な施策は
すべて裏目に出てしまい
状況はどんどん悪くなる

でもそんな時も私は
「俺は正しい、社員が悪い」
と思いこんでいたのです

そんな私を社員さん達が
受け入れつづけるはずもなく
関係はどんどん悪化

スタッフ全員から
NOを突きつけられました

◆人生最悪の日々

会社に行っても
誰も話しかけてこない

社内で私は浮いた存在
偉そうにいう私を疎み
無視されはじめます

 自信もなにもない

 誰からも必要とされない

 毎日が面白くない

 売上はどんどん下がる


 やることがない

お酒の量だけが増え
どんどん太っていきました

そんな人生最悪の時に
藤村正宏先生に出会い

好きな事したらいいじゃん!

の一言が
イルサルトの立上げに
繋がっていきました

そこから11年間
脇目もふらず仕事できたのは
心の闇を払拭したかったから


勿論服が好きなのはあります

でもそれをはるかに凌ぐのが
強い心の闇でした

◆強い心の闇

私が感じていた
強い心の闇は

 家業を継ぐことが
 できなかった

 親の期待に
 こたえられなかった

 途中で
 逃げ出してしまった

 典型的なダメ跡継ぎ
 になってしまった


 結局は会社の看板で
 自分には力がなかった


 親の大切な会社を
 メチャクチャにしてしまった

だから
周りにいる後継者さんには
複雑な思いを持っていました

事業承継出来ていることへの
妬み,劣等感

自分は事業を立ち上げた
と言う優越感,自負

腹には黒くドロドロとした
色々なものがあったのです

◆想いの変化

そのドロドロとしたものが
段々と変化をしてきました

変化してきた理由は

 時間の経過

 多くの跡継ぎ経営者と
 出会い想いを聞けたこと

 経営者として
 さまざまな経験をしたこと

 イルサルトの事業が
 なんとか軌道にのったこと

このどれかが欠けても
気持ちに変化は起きなかった
と思うのです

継げなかった私だからこそ
事業承継の大変さや価値を
身を持ってわかります



大切な会社を
次世代に継承したい経営者の
思いをつなぐお手伝い




これこそがイルサルトの
役割なのではないか?

そんな風に考えられるように
変化をしてきました

◆闇が光に変わるとき

そう考えると

強い心の闇は
イルサルト最大の強みに
変わるのはと思うのです

継げなかった私だからこそ
永続する企業を作るお手伝い
をするのが使命なのでは?

そんなことを
いま感じています





 闇と向き合うのは大変
 ある意味触れたくない部分

 でも私のように
 好きなことをするなかで
 心の闇が晴れる場合もある





自分の存在を通して
そんなことも伝えていければ
と思います


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive