トップへ
ブログロゴ

必見!服の正しいサイズを見極めるもっともカンタンな方法

vol.5362   


こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆そこのあなた、もったいない!

以前までは
車で会社に来ていたのですが
最近では健康面をかんがえ
電車通勤を増やしています

電車で出勤することで
ビジネスマンを見る機会が
かなり増えているのですが
見ていて感じることが

もったいないなあ・・・・

何がもったいないのか?
というと「サイズ」




多くの人が
大きなサイズを着ている

着ているのではなく
着られているようにみえる

その人の良さも服の良さも
すべてを決めるのはサイズ

それくらいサイズは大事

スーツ、シャツ、靴
すべてのサイズ




それほどサイズは重要ですが
合っている人を見るのは
大阪だと1日に1~2人
東京だと1日に4~5人




つまり殆どの人は
サイズ選びに
失敗しているのです

◆サイズ選びを失敗する理由

なぜサイズ選びに
失敗をするのか?

これには
2つの理由があります

まずは「習慣

すぐ大きくなるんだから
おおきめ着ておこうか!

そんなことを子供の頃に
言われたことないですか?


成長しても着れるように
少し大きめの服を着ると
それが自分のサイズであると
刷り込みをされていく


多くの方のサイズが大きい
根本的な理由がこれです

そしてもう1つは
売る側の問題







服飾業界は状況が悪く
人がなかなか集まりません

また販売という仕事は
将来像が描きにくいので
離職率もたかい

結果的に
「慣れていない販売員」
が多くなる構造になる







慣れていない販売員は
服の知識が乏しいのに加え
怖いのがクレーム


小さいとクレームになり易く
大きいとなりにくい

だから大きめのサイズを
すすめてしまうのです

◆サイズを見極める知識

特にビジネスウエアの場合
サイズが生命線

サイズがあっているだけで
オーラを発するようになり
見栄えに説得力が出るのです

そのためには
「サイズを見極める知識 」
をつけること

具体的には
1~2サイズ下を着てみる

普段着ているサイズの
1-2サイズ下を試着して下さい

それがジャストサイズの
可能性が高いです

そこで
知っておいて欲しいことが


服は着ている感覚と
人から見た感覚がちがう






着ていてラクなサイズは
人が見ると大きく見えます



だから多くの人のサイズは
合っていないのです

着ていて若干キツイサイズは
人から見てピッタリにみえる



最初きつく感じますが
今までが大きかったからです
しばらくすれば慣れます

サイズは慣れなのです

◆UAでの経験

見た感じと着た感じがちがう

これを学んだのは
ユナイテッドアローズでした
(以下UA)

私は学生時代UAで
アルバイトをしていました

スーツを売るから
スーツを着ないとという事で
店長に選んでもらいました

これが末廣さんのサイズ!

と渡され着た瞬間の衝撃は
いまでも忘れられません

キ。。。キツイ

肩はピッタリしていて
ウエストもあまり余裕がない

これがジャストサイズなの?!




自分の感覚では
46だと思っていたサイズが
実際には42サイズ

なんと2サイズも
大きいものを着ていたのです





しかし
キツイと思ったのは最初だけ
しばらくすると自然に
サイズ感に慣れていきました

◆良いことしかないジャストサイズ

サイズが合っているだけで
見栄えが激変します




また
ジャストサイズを着ることは
体型維持をしやすいという
大きなメリットもあります

なぜなら太るときつくなり
太ったことがすぐわかるから

大きいサイズを着ていると
体型変化に気づきにくい

また多くの人のサイズが
間違っているので
サイズが合っているだけで
その存在が際立つのです


見栄えの説得力が出る!


体型維持しやすい!


存在が際立つ

正しくサイズ選びすると
メリットしかありません!

そのためには
1-2サイズ下を着てみる!

試着はただですので
どんどん試してみてください!





この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive