トップへ
ブログロゴ

ショックすぎる・・・オゾック(OZOC)がなくなってしまった・・・

vol. 5361   



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆オゾック終了・・・

ものすごくショッキングな
ニュースが入ってきました・・・

私がかつて10年間
お世話になったワールド




勤め人としてのすべてを捧げ
毎日朝の3時4時まで
働いていたオゾックが終了・・・

時代の流れとはいえ・・・
さびしい、さびしすぎる





このニュースが出た瞬間
当時の戦友たちから次々に
ラインが入ってきました・・・

みんな同じ想いなんですよね

◆がむしゃらに働いた時期

26~30歳くらいの時期
なにか狂ったように
はたらいていました




9時に出社し
翌朝の4時まで働き
タクシーで朝5時ころ帰宅
3時間ほど寝てまた出勤




そんな生活を何年間も
つづけていました

今だったら大問題
そもそも身体がもたない

当時の仲間は
戦友と呼ぶのがふさわしい

同僚ではなく戦友





ブランドの売上を上げる






というただ1つの目的に向け
異常な結束を誇っていました

成果を出すための行動量や
どれだけ頑張れば良いのか?
を身体で覚えた数年間

いま日々を頑張っていける
「仕事の基礎体力 」 は
この数年間でつきました

◆限界までできた理由

当時の戦友たちは
年齢も同じくらい

ブランドリーダーが30半ば
実行部隊はすべて20代

この若いメンバーが
ワールドを支えていました





 この経験も少ない若手が
 市場で勝っていくためには
 とにかく時間をかけて
 スピードで勝負するしかない

 だからアフター5などなく
 余暇時間をすべて犠牲にし
 すべてが仕事中心でした

なぜそこまで出来たのか?

と振り返ってみると
これは環境です

同じような年齢で
イヤな人が1人もいなかった



売上を上げることに純粋で
出世競争や足の引っぱりあい
なんかもまったくない

メンバー全員が
同じ方向を見ていたのです

◆けっきょくは人

ブランドが短期間で
大きな成長を遂げたのは
ビジネスモデルや時代背景等
色々な要素があった結果

しかしながら
いくらシステムを作っても
動かすのは人間です


やはり成長の最大要因は
人であったと思うのです

結束力があって
帰属意識がつよくて
まるで宗教団体のように
感じたこともあります

まあ明けがたまで毎日
一緒に仕事をしていたら
関係も強くなりますが(笑)

しかしそれが
ブランドの業績を押し上げる
大きなパワーになったことは
まちがいありません

◆人とのつながり

誰かのために
誰かのためなら

一見すると
時代錯誤的に感じられる方も
多いかもしれません

でもここにきてやはり
人との繋がりがすごく大切と
私は感じるのです

お客さまとの関係
スタッフとの関係
お取引先との関係
家族との関係

すべておなじ


オゾックで学ばせて頂いた
人間関係を大切にすることを
これからも大事にしたい


オゾック終了の知らせをうけ
そんなことを感じました




この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive