トップへ
ブログロゴ

経営の神様 松下幸之助さんが2週間に1度、髪を切っていた理由

vol. 5398  


こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆美容院にいく息子

イルサルト創業年と
同じ年に生まれた息子

今年で11歳
小学5年生になりました

小5で生意気にも美容院で
髪を切っています(笑)

私なんて
美容院にいったのは
社会人になってから




 小学校のときは
 家の隣の理髪店で
 ずっとスポーツ刈り

 中学高校は
 頭髪検査がある学校

 耳に
 髪がかかってはならぬ!


 と強制的に
 短髪にさされていました

高校のころ人気があったのが
風間トオルさん

風間さんのパーマに憧れ
ちょっとずつ伸ばし始め
大学が決まった瞬間に
最初にしたのはパーマ

人生初のパーマをかけ
おっイケてるやん!!
と思って颯爽と出かけると

アダモちゃんみたい♪

と友人に爆笑され
すぐ切りに行きました・・・

あれから30年
私がずっと短髪の理由が
ここにあるのです・・・

◆松下幸之助さんの髪型

髪型というと
いつも思い出す話があります

それが松下幸之助さん

PHP研究所より

松下幸之助さんは元々
髪型にがこだわりが
ぜんぜんなかったそうです

でも理容師にある日

銀座四丁目には
ナショナルのネオン塔が
ありますよね

でもあなたの頭は
それ以上に大切な
会社の看板です

世間の人たちが
あなたの頭を見て

あなたの会社の製品を
買いたくなくなる

ということになっては
困るでしょう

常に十分な手入れを
していくべきです

と言われ深く納得し
それ以降は2週間に1度
散髪する様になったそうです

◆会社の顔を意識する

これは非常に
気づきが多いお話です






 常に会社の顔を意識する

 会社の顔として
 相応しいのかどうか?
 を判断基準におく

 好き嫌いとか
 自分が楽かどうか?
 だと判断に迷います

 でも会社の顔として
 相応しいのかどうか?
 で考えるとブレがなくなる








髪型だけではなく
着ている服や
発する言葉や所作

こうしたものを
会社の顔としてどうなのか?
を意識することが
大切だと思うのです

◆美しく記憶に残る人になる

有名人にオーラを感じるのは
「見られている 」
という意識が常にあるから

見られている意識が
所作に影響を及ぼし
きちんとしようとするから
美しい立ち居振る舞いになる

そして常に意識をすることで
所作が自分のものになり
自然になっていくのです

常に会社の顔を意識し
美しく記憶に残る人になる


記憶に美しく刻み込まれて
損なことは何もありません!

私自身も意識を高く持ち
経営者としての品格を
上げていきたいと思います



この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive