トップへ
ブログロゴ

スーツを着なくてもいいと言われたら、何を着たら良いかわからない

vol. 5451  



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆変化する装い

だいぶ涼しくなってきて
朝晩は寒いくらいですね

街のビジネスマンの装いも
かなり変わってきました

ネクタイ姿の人も増えて
嬉しい限りです(^o^)

スーツを着たときには
ネクタイした方が締まるもの





 ※スリーピースにネクタイ

 

 ↓ベストを抜く


 ※スーツにネクタイ

 
 ↓ネクタイを抜く

 
 ※スーツにノーネクタイ

 
 ↓ジャケットを抜く


 ※シャツにスラックス

 
 ↓シャツの袖を抜く

 
 ※半袖シャツにスラックス






こんな感じで
少しずつ抜いていくと
カジュアル感がどんどん
増していきます

カジュアル感が増すと逆に
着こなしが難しくなります

半袖シャツにスラックスで
信頼感ある見栄えを作るのは
至難の技です



信頼感ある見栄えを作るには
スリーピースのほうが
圧倒的にカンタンなのです

◆仕事着と普段着

スーツは選び方が難しい・・・

そんなお声も聞きますが
普段着の選びかたのほうが
よっぽどむずかしい


なぜなら普段着を選ぶには
「センス」がいるからです

その点スーツはカンタン

スーツ、シャツ、ネクタイ
以上終了です(笑)

このセットで着ていれば
そんなに変には見えない
最低限のところには
誰でも行くことができます





カジュアルフライデーが
導入されたころに
金曜にはゴルフウエアを着る
おじさんが増えました

スーツを脱ぐと
何を着たら良いか?が
わからない人が多いのです

◆何を着たら良いのかわからない

服装のカジュアル化が進み
スーツでなくてもいい場面が
増えました

そこにコロナが発生し
流れに拍車がかかっています



何を着たら良いかわからない



そんなかたが
いま増えているのです

前は何も考えなくてよかった
仕事の時はスーツ着てれば
何の問題もありませんでした

でも今はちがいます



働きかた
働く場所
服装


すべて自分で決められます

こんな時代になにを着るのか?





 選択は人それぞれですが
 何をまとうか? は
 どう生きるか?の意思表示

 服装は
 自分が何者なのか?を
 最もわかりやすく伝える
 ツールです

 おなじ着るなら
 信頼感を感じさせ
 自分の価値が伝わりやすい
 装いの方がいい
 
 混沌としていて
 自由な時代だからこそ
 この装う価値を伝えていきたい






そんなことを思います




この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive