トップへ
ブログロゴ

ダブルを颯爽と着こなすカッコイイオヤジたち

vol. 5452  



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆ダブルとは?

北海道では雪が降ったようで
季節が秋から冬に
変わっているのを感じますね!

朝出勤するときも
かなり寒くなり
今朝はカシミアのジャケットを
着てきました!

このジャケットのカタチは
ダブルと呼ばれるもの




日本では
「恰幅の良い人は着るもの」
というイメージがあります

バブル経済のころ流行った
ソフトスーツの印象が
今でも抜けきっていません・・・




でも実際には違います



細い方でも着る事ができる
軍服をルーツにもつ
正統な装いなのです

◆ダブルのルーツ

スーツが生まれたのは英国


階級社会の英国では
庶民、貴族、士官など
階級と目的でて明確に
服装が決められていました








 労働者の服

 貴族が執務するときの服

 狩猟に行く際の服

 食事の席で着る服

 食後に別室で寛ぐときの服










すべてのシーンで厳格に
服装が決められていたのです

ちなみにこのダブルは
軍士官の制服


ダブルになっている理由は
外で着るときに
風の方向に合わせ
襟を左右に調整するため



デザインにはすべて
意味があるのです

◆ダブルを着こなすカッコイイオヤジ

そもそもが軍士官の制服
恰幅の良いかたの専用服
ではありません!


出自から考えると
非常に堂々とした印象を
与えるのがダブル

規律正しく
組織を率いる雰囲気は
経営者にもふさわしい
スタイルと言えます



ダブルを素敵に着こなす
イルサルトのお客様を
紹介させて頂きますね


威厳、存在感を
感じさせるダブルを
上手に使っていきましょう!






この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive