トップへ
ブログロゴ

この春はワントーンでコーディネートしてみましょう!

トレンドは追うものではなく適度に取り入れるもの

ボクはそんな風に考えています。

あまりにもトレンドを追ったスタイリングは信頼性を欠く事もありますが,あまりに古臭いスタイリングは感性が鈍いとか変化を嫌うとかマイナスのイメージにも受け取られてしまいます。

だからトレンドは適度に取り入れる,決して取り入れすぎない。

それよりも自分がどう在りたいとか,どう見せたいのか?そんな視点で服は選んで欲しいと思います。

でもちょっとだけトレンドを取り入れるとより自分らしくなったり,ファッションも楽しくなるものなんです(^_^)

トレンドの中でのオススメはワントーンコーディネート(同色系の色でまとめること)です!

元々ファッションに慣れている人はそんなに色々な色を使わずに使う色は3色以内に抑えるのを自然にしているのですが,ワントーンコーディネートは使うのは基本1色で素材感の違いで組み合わせをしていく。これですごく品の良い雰囲気を出す事が出来るんです!

例えばこんな感じ!

写真 2015-02-25 11 41 34

濃紺のストライプジャケットに薄い紺のパンツ,靴も紺のスリッポン。ネクタイだけはベージュです。

写真 2015-03-05 15 08 18

明るい紺のスリーピースに紺の小紋柄のネクタイ

写真 2015-03-09 12 37 29

紺のちょいカモフラ柄のジャケットに紺のワークパンツ

どれも最近のボクのスタイリングですが,ワントーンコーディネートとはこんな感じです!何となく雰囲気は分かって頂けましたでしょうか??

ワントーンコーディネートをする上で大事なのがサイズ感!サイズ感を間違ってしまうとすごく野暮ったい感じになってしまいますので要注意です。

トレンドを少しだけ取り入れてファッションを楽しんでみる!是非この春ワントーンコーディネートしてみてくださいね!!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive