トップへ
ブログロゴ

美しく記憶に残るコートの着こなしかた

vol. 5457  



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆冬到来!

一気に季節が進み
冬っぽくなりましたね





ここ最近は
コート姿の人を見ることが
すごく増えました

ダウンやカシミアの方は
まだまだ少数派ですが
薄いナイロン系のコートを
着ている方が多いですね

これから気温が下がると
コートを着る機会が
増えていきますので
コートのルールを
今日は書いてみますね!

コートは最も汚れます
雨風が直接あたり
ホコリや汚れもつきやすい






 しかもコートを毎日変える人
 は少数派です

 1,2着で回す人が
 ほとんどではないでしょうか?






まずはこの事実を
覚えておいてほしいのです

コートは最も汚れるもの
そして外で着るものです
逆に言えば中では絶対着ない

建物に入る前に脱ぎ
建物を出てから着る

これが
コートの着こなしルール
の基本のきです

そしてもう1つは
建物に入ったときは
裏返しにして持つ


外で着て
汚れているコートは
そのままではなく
必ず裏返してください

最後に3つ目は
訪問先の会社等では
椅子にかけるのはNG



畳んだ状態で
椅子の後ろにこんな風に
置くようにしましょう!




コートの取扱いは
教養がそのまま出ます

これからの寒い季節
スマートにコートを
着こなしていきましょう!!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive