トップへ
ブログロゴ

身体に合ったオーダースーツほど見栄えがよくない

vol. 5461   



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆オーダーってすごい!

先日スーツが仕上がり
鏡の前に立ったお客様が一言

えーー自分じゃないみたい!
やはりオーダーってすごい
身体にあわせると
こんな綺麗になるのですか!!

そうでしょ!
オーダーってすごいんです!
と私も言いたかったのですが
嘘を言うわけにはいきません

スーツが美しい最大の要因は
~さんの身体のラインが
綺麗だからですよ!




と正直に話しました

そうなんです
美しくスーツを着るためには
体型が非常に重要なのです

◆オーダーとは?

オーダーで作れば
身体に合ったスーツが出来る


一般的にはそう言われます
でもこれ半分正解半分間違い

身体に合っているスーツは
着ていて楽なのは間違いない
でもそれが見栄えが良いか?
といえばそうではありません

もし西島秀俊さんみたいな
引き締まった身体であれば
その体型に合わせたスーツは
着やすいし見栄えもいい

ですがもし
出川哲朗さんみたいな身体
(出川さんごめんなさい。。)
であればその体型に合わせると
着やすいけど見栄えが。。。




体型に忠実に作ると
腹の出た人は腹が出たように
見えてしまうのです

猫背の場合も同じ
猫背に忠実に作ると
猫背の時に美しいカタチに
なってしまうのです

◆美しく服をきるために

着ていてラク
見栄えがよい

この2つは
イコールでありません

着ていてラクだけを
追求していくと
見栄えがすごく悪くなる
可能性があるのです

これは服の作りの問題





 和服であれば
 紐でしばったりしながら
 身体に服をあわせていきます

 しかし洋服は逆
 服に身体を合わせていく事で
 はじめて綺麗に着こなす事が
 出来る作りになのです





太ったときは
サイズを変えるのではなく
まずは身体を引き締める

服を綺麗に着るために
身体を絞ってみる


こうしたことをすることで
見栄えは劇的に変わります
そしてなおかつ
着心地の良い服になるのです

見栄えを良くするために
服に身体をあわせましょう!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive