トップへ
ブログロゴ

ビジネス、カジュアル、冠婚葬祭、何でも使えるベンリなコートがこちらです!

vol. 5481  



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆ダブルチェスターコート

だいぶ寒くなってきたので
冬物コートをクローゼットから
出し着てみました!


この形は
ダブルチェスターコート


イタリア出張に着て行ったとき
ナポリ人に絶賛された逸品です(^o^)

スーツ,ジャケット
色々なアイテムがあります




中でもコートは
使う生地の量が最も多く

生地そのものを纏っている

と言っても
過言ではありません。




即ちコートを選ぶ上では
最優先すべきは生地を厳選する
ことにあります

◆コートとは?

以前に
イタリア人に言われた事で
印象的な言葉があります

 コートは
 防寒だけのものではない

 ホテルやレストランの
 クロークに預ける時の事も
 考えなくてはならない

 だから
 ステイタスシンボルとして
 ふさわしいものを
 着ていなくてはいけないんだ

 寒ささえしのげれば
 何を着ていてもかまわない

 という考え方は
 本当の紳士ではない

◆オススメの生地

コート用の生地といえば
おすすめはカシミア


カシミアをご存知のかたも
多いと思いますが
高地に生息する山羊の名前


中国、外蒙古などの
夏と冬の気温差が激しい
山岳荒地に生息しています

これらの地方では
冬は氷点下約30度程度
にまで下がります




山羊の身体には
厳冬から身を護るため
通常の粗い毛の下に
非常に細いウブ毛が生えます

この産毛が
カシミヤ繊維になるのです




軽くそして暖かい
これがカシミアの特徴です

◆オススメの形

中でも
1着持っておくと便利なのが
カシミアのチェスターコート

冠婚葬祭~ビジネスまで
幅広く使う事の出来る
最もフォーマルな形です

エレガントに着る場合は
コートの長さを長く
カジュアルな雰囲気であれば
膝くらいの丈で仕上げると◎

黒もしくは濃紺の
カシミアチェスターコートは
持っておかれるのがオススメ







 コートのフォーマル度は
 デザインははもちろんですが
 「色」も非常に重要です

 いくらチェスターコートでも
 キャメルーやライトグレイは
 フォーマルに着用はできません

 チェスターコート以外でも
 黒,濃紺,チャコールグレイは
 フォーマルに着用できますし
 ビジネスでもお召し頂けます






まずは濃色の
カシミアチェスターコート
を持つと便利ですよ!


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive