トップへ
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋
2021年1月2日

のび太のスピーチに涙しました・・・・

vol. 5508  

今年は帰省もなく
いつになくゆっくりとした
お正月を過ごしています

昨日の元旦は
家族でドラえもん映画
STAND BY ME2
を見てきました


思っていた以上に良い映画で
のび太の最後の挨拶には
思わず涙・・・・

映画ドラえもんは
ほっこりする物が多いですが
今までのドラえもんのなかで
僕的には一番いい映画でした

これから見る人も
いらっしゃると思うので
詳しいことは書きませんが
のび太の最後の挨拶は

 自分らしく生きることが
 出来ているのが一番の幸せ

 でもそんな生き方が
 出来ているのは
 両親、祖母を始めとする
 周りの人達のおかげ

 ずっとのび太という名前が
 嫌いだったけど
 両親の思いを知るなかで
 どんどん好きになった

そんな内容でした

親から子へと
想いが繋がる素晴らしさを
感じ涙してしまいました。。

◆自分らしく生きる

自分らしく生きるって
簡単でないようにも思えます

他人からの評価とか
周りから求められるものに
振り回されることも多い

でも確実に
「自分らしく生きている」
ように見える人と
そうではない人がいる

その違いが何なんだろう?
と考えるのですが


※ 人生は自分次第
※ 人生は他者や環境次第



どちらで考えるのか?の
違いだと思うのです

他者や環境が変わらないかな・・
と考えてしまうのか
自分が何すればいいのか?を
考えるかのちがい

特にこの異常事態の中では
その差が顕著になる
と思うのです

◆自分の人生を生ききる

コロナが今後どうなるのか?
は私にもよくわかりません

でもこの時代
どう生きたいのか? は
自分で決める事が出来ます

私の今年のテーマは
「つながりを創造する」


お客様とのつながり
社会とのつながり
家族とのつながり


自分のことだけでなく
相手により目を向けることで
色々なつながりを創り出し
人に貢献していく

そんな一年にしていきます








末廣徳司の画像
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。
株式会社イルサルト
代表取締役社長
末廣 徳司
tokuji suehiro

経営者、政治家、医師、作家、
講演家、士業、芸能人、
スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる

ことをミッションにしている。